ファイル転送、データ連携ならHULFT

データ連携基盤で業務の効率化!3つのメリット

データ連携基盤で業務の効率化を図る3つのメリットとは!?

  • システムが部門ごとに違うため、他部門にデータを渡す時はExcelで加工しなければいけない。
  • 発注データは電子メールでやりとりしている。毎日、送られてきたデータをまとめるのに時間がかかってしまう。

1. データ連携基盤とは

  • ファイル転送ツール→システム間でデータの送受信を行う
  • 統合管理ソフト→システムごとに設置されているファイル転送ツールを一括管理する

2. データ連携基盤を利用するメリット

2-1 コスト削減

2-2 時間短縮

2-3 データ加工の負担を軽減

まとめ

データ連携をノンプログラミングで実現、豊富な接続先と使いやすさで選ぶなら DataSpider Servista

DataSpider Servistaは、異なるシステムの様々なデータやアプリケーションを、豊富なアダプタを使って自由につなぐ、データ連携ツール(EAIソフトウェア)です。システムごとのデータ連携作業も専門的な技術や知識も必要なして、操作がしやすいドラッグ&ドロップで各システムの連携設定が可能。ノンプログラミングで簡単に開発ができ、データ処理の自動化機能も充実しているため、生産性の向上や業務の効率化をスピーディな実現を支援します。

ファイル転送・超入門 コラム一覧

Change Location

Are you visiting HULFT.com (Japanese language) outside Japan ?
When connecting "HULFT" to Japan from overseas, please select "HULFT8".

日本国外からHULFT.com(日本語)にアクセスされようとしています。
海外から日本の「HULFT」と接続する製品をお探しの場合、「HULFT8」をお選びください。