つながる価値、ひろがる未来。 ファイル転送、データ連携ならHULFT

HULFT いい流れで進め 変化に対応する レガシーを活かすHULFT いい流れで進め 変化に対応する レガシーを活かす

企業のDX化を加速させる
HULFT

スイスイーっとDXの流れに乗って新しいビジネス環境へ。

大量のデータがビジネスの現場を駆け巡り、
ビッグデータをスピーディに収集し、分析し、
使いこなすことでビジネスの競争力を高めていく。

そんなDX時代への適応を無理なく実現するのが、
HULFTのデータ連携ソリューションです。
既存のシステムと連携しながら、新しい技術を取り入れる。
生産性を高めながら、ムダな作業を減らしていく。

現在の業務を回しながら、改革への舵を切っ て軽快に。
HULFTが企業のDX化を加速させます。

ビジネスの“わるい流れ”が
起こる
3つの課題

HULFTで解決!

わるい流れその1

データ活用のための
手動作業が新たに発生!
ビジネスプロセスが停滞

IT技術に膨大なデータが瞬時にやりとりされるDX時代。ビジネスにはより一層のスピードが求められます。しかし、せっかくデータを活用したくても、そのための手作業が増えるなんてことも…。

データの収集、活用を
オートマチックに

手に入れたデータを無駄なくシステムにインプットし、活用すべきタイミングでスムーズにアウトプットするため、HULFTは、データの流れを自動化。業務コストを劇的に削減し、24時間流れが止まることのないビジネス推進環境を構築します。

単純作業負荷の
軽減

重複入力・照会の
回避

手書き書類の
データ化

会計・基幹業務の
省力化

わるい流れその2

レガシーシステムが
データ連携の障害に!
変革の勢いが停滞

DX時代のビジネスに迅速に対応できるようクラウドやIoTと連携する企業システムの進化が急務。しかし、レガシーシステムは簡単には変えられない…。ここに変革の障害が立ちはだかります。

既存システムとの連携でスムーズな進化を

HULFTは、既存システムとも迅速に連携。相互のデータをシームレスに活用可能に。既存システムの高付加価値化を実現し、様々なビジネス環境の変化に対応していきます。

複数システム
乱立・連携

旧来システムの活用

クラウドサービスの
活用

システム
廃止・移行

わるい流れその3

社内の情報資産が適切に管理されずバラバラ!
経営に必要な判断が停滞

IT活用・データ活用が、企業の競争力に直結する時代。しかし、企業の様々な場所に点在した情報資産の多くはその価値を見出されずに放置されています。

情報資産の見える化で意思決定を加速

HULFTは、社内の情報資産を適切に管理・把握。最新のIT技術を用いて活用可能な状態に。いままで使われることのなかった情報資産の価値を見直しITデータのビジネス資産化を支援します。

データの収集・分析

データの正規化

IoT・AI活用

ビックデータ活用

企業内・企業間通信ミドルウェアのデファクトスタンダード「HULFT8」

顧客満足度No.1 EAIソフトウェア
「DataSpider Servista」