ファイル転送、データ連携ならHULFT

HULFT DataCatalog

散在したメタデータを収集・整理・カタログ化
データからひらめきを生み出すメタデータマネジメントプラットフォーム
- ハルフト データカタログ -

製品概要

誰もが簡単に欲しいデータを探して選べるように

HULFT DataCatalog(ハルフト データカタログ)は、企業内で分散管理される様々なデータの概要(メタデータ)を自動収集してカタログ化。所在や来歴を可視化し、データに関するナレッジを共有することで、データ探索の効率化とデータの“中身”に関する理解を支援。

社員全員がみずからデータを選び、もっと自由にビジネス活用できるようになります。

データカタログ

利用用途

経営層からIT部門、営業やバックオフィスなどLoBまで、すべての社員に様々なシーンで価値を提供します。

導入事例

関連動画

動画紹介(約13分)
機能説明・操作デモ(約9分)
【データカタログ解説動画】~くもラジ!~(4分33秒)

くも子とハルカのITラジオ、略して「くもラジ」
Vtuberのくも子とハルカが、今話題のIT情報をわかりやすくお届けします。この動画では、データ活用がうまくいかない時の解決策として「データカタログ」をご紹介しています。

おすすめコンテンツ

トピックス

Change Location

Are you visiting HULFT.com (Japanese language) outside Japan ?
When connecting "HULFT" to Japan from overseas, please select "HULFT8".

日本国外からHULFT.com(日本語)にアクセスされようとしています。
海外から日本の「HULFT」と接続する製品をお探しの場合、「HULFT8」をお選びください。