つながる価値、ひろがる未来。 ファイル転送、データ連携ならHULFT

社員一人ひとりの自由なワークスタイルを支える
働き方を見える化!勤怠ダッシュボードとは
既存の勤怠システムはそのままに新たなデータを繋ぐエコシステム化のススメ

厚生労働省が目指す、就業機会の拡大や意欲・能力を存分に発揮できる環境作りの提唱に遵行して、B社では社員一人ひとりが働き方を選択できる人事制度とIT整備を進めた。
具体的な施策としは、働く時間と場所を選ばない、フレックスタイム制とテレワークを導入し、勤務地以外でも業務や会議参加ができるようリモードアクセスを可能にしました。

課題

柔軟な働き方ができる環境において、制度と運用の整合性(実態の見える化)が肝

創業50年を超えるB社は、かつての成功体験にしばられ組織風土が硬直化、その結果ビジネスも成熟しイノベーションのジレンマに陥っていた。この硬直した状態から一歩踏み出し、クリエイティブでイノベーションが生まれやすい組織風土・文化をつくろうと、B社の人事部は時間や空間の制約にとらわれない働き方を自由に選択できる人事制度を導入しました。

しかし、従業員の多様な働き方の受け入れは、テレワークのような、オフィスとは環境が異なり、他の社員から見えないことで、勤務実態を把握することが困難になる可能性がありました。社員に対して働き方の自由を提案する一方で、本人が意図しない働き方にならないように、社員の健康を守ることも人事部の使命です。例えば、長時間労働など実態との乖離を発見できないリスクをどうやって回避するかが課題でした。

一方、現状の勤怠システムだけでは、制度と運用の整合性を一致させるには限界がありました。性善説に立って社員が打刻した勤怠データを信頼しつつ、本人が意図しない働き方をしていないか、実態と乖離し困っている社員はいないか?こぼれたボールを拾うためにはどうすればよいのか?実態を正しく把握するためにはどうすればいいのか?新しい人事制度を完成させるために乗り越えなければならない課題が残っていました。

課題のポイント

  • 働き方を選べる仕組みにすると既存の勤怠システムでは限界があり、長時間労働など実態との乖離を発見できないリスクがある

この課題を解決した方法とは?

1 2

「デジタルトランスフォーメーション」対談 一覧

顧客満足度No.1 EAIソフトウェア「DataSpider Servista」

DataSpider Servista 評価版ダウンロード

こちらから30日間無料でお試しいただけます。導入検討の際にぜひご活用ください。

お問い合わせ・資料請求

製品や導入についてご不明な点はお気軽にお問い合わせください

Change Location

Are you visiting HULFT.com (Japanese language) outside Japan ?
When connecting "HULFT" to Japan from overseas, please select "HULFT8".

日本国外からHULFT.com(日本語)にアクセスされようとしています。
海外から日本の「HULFT」と接続する製品をお探しの場合、「HULFT8」をお選びください。