つながる価値、ひろがる未来。 ファイル転送、データ連携ならHULFT

DataMagic 技術コラム〈DataMagic Manager インストール編〉

はじめに

インストール方法

手順1 - セットアッププログラムの起動

  • (1)
    セットアッププログラムの起動と言語設定
    ダウンロードしたモジュール内のSetup.exeを実行してください。ご利用になる言語を選択し、[次へ]ボタンをクリックしてください。

手順2 - インストールを実行する

  • (1)
    インストールタイプの選択
    新規にDataMagic Managerを導入する場合には、「新規インストール」を選択し、[次へ]ボタンをクリックしてください。
  • (2)
    インストール先フォルダの設定
    インストール先フォルダを変更する場合には、[参照]ボタンをクリックしてフォルダを変更してください。フォルダ決定後、[次へ]ボタンをクリックしてください。
  • (3)
    日付形式の設定
    DataMagicで使用する日付形式を設定します。日付形式決定後、[次へ]ボタンをクリックしてください。
  • (4)
    登録名の設定
    スタートメニュー、「プログラムの変更と削除」に表示される登録名を設定します。(※初期値DataMagic Manager Ver.3)入力後、[次へ]ボタンをクリックしてください。
  • (5)
    インストール内容の確認
    インストール内容の確認後、[次へ]ボタンをクリックしてください。インストール処理が開始されます。インストールが正しく終了すると、インストール終了画面が表示されるので、[完了]ボタンをクリックすると、セットアッププログラムは終了となります。

手順3 - 接続ホストを設定する

  • (1)
    DataMagic Managerの起動
    [スタート]メニューの [すべてのプログラム]から [HULFT Family]→[DataMagic Manager Ver.3]→[DataMagic Manager ] をクリックします。
  • (2)
    管理ホスト情報設定画面の表示
    DataMagic Manager画面から、[ファイル]メニューの [新規作成]→[接続先ホスト]をクリックしてください。
  • (3)
    管理ホスト情報設定
    接続先の情報を登録します。
    ホスト名:接続先ホストを識別するための任意の名前
    接続手段:ホスト名またはIPアドレスのいづれかを選択
    IPアドレス:IPアドレスで接続を行う場合に、接続先のIPアドレスを指定
    要求受付ポート番号:接続先ホストのDataMagicの要求受付ポート番号(デフォルト:36000)
    リフレッシュ間隔:各画面を自動で更新する場合に設定
  • (4)
    接続テスト
    接続先の情報を登録した後、接続テストを行います。管理ホスト情報画面の[接続テスト]ボタンをクリックし、接続テスト画面が表示されたら[接続]をクリックします。接続確認テストが正常に完了したことを確認してください。

手順4 - DataMagicに接続する

  • 初期ログイン時は、DataMagicインストール時に設定した「admin」でログインします。

最後に

  • 評価版は無償で60日間ご利用いただけます。
  • 評価版のお申し込み後、90日間の技術サポートを無償でご利用いただけます。

DataMagic 評価版ダウンロード