つながる価値、ひろがる未来。 ファイル転送、データ連携ならHULFT

DataMagic 技術コラム Vol.21

〈DB移行編〉

はじめに

データ移行の課題

データ移行時の課題

簡単なDBのデータ移行設定

テーブル情報取得時の課題

DBテーブルの項目情報の読み込み

DBテーブルの項目情報を一括で画面に反映

DBのデータを移行させるときの課題

データ加工処理のマッピング設定

項目の関連付けを画面で容易に行える

文字コードに相違がある場合

画面の設定で文字コードの変換が可能

DataMagicを利用することの利点

  • ノンプログラミングで移行設定が実現できるため、SQLの知識なしでDBのデータ移行作業を実現することが可能です。DBのデータ移行作業の効率化が期待できます。
  • DataMagicはOracle、SQL Server、PostgreSQL、DB2、またODBC経由でAccessやFile MakerなどのRDBMSと連携することが可能です。DataMagic一つでさまざまなRDBMSとの連携を実現することができます。
  • DataMagicはデータ移行時に、不正なデータを取り除くフィルタリング処理や、入力書式が不統一なデータを統一するデータクレンジング処理を行うことが可能です。
  • DataMagicにはマッチング機能があります。この機能は、複数ファイルを照合する機能になります。マッチング機能により、移行前後のテーブルを比較してデータの完全移行を確認できます。
  • DataMagicには仕様書出力機能があります。この機能は、DataMagicの設定情報をエクスポートする機能になります。設計ドキュメントを作成するコストを削減することができます。仕様書が出力できるため、データ加工情報の管理、保守性も向上します。

仕様書出力処理のイメージ

仕様書で設定情報の詳細を確認できる

おわりに

  • 評価版は無償で60日間ご利用いただけます。
  • 評価版のお申し込み後、90日間の技術サポートを無償でご利用いただけます。

DataMagic 評価版ダウンロード