ファイル転送、データ連携ならHULFT

HULFT IoT

ノンプログラミングで実現するIoT
データ連携

本セミナーでは、実際に製造現場が主導となり、IoTを使って「何を実現するか」、「どのように実現するか」と、目的を明確にしながら、柔軟性に富んだスマートファクトリーに挑戦されたお客様の事例と、実現されたIoT基盤をご紹介します。

【オンライン】製造現場が取り組んだ事例で学ぶ「スマートファクトリー実践セミナー」

製品概要

ミッションクリティカル領域で安心して利用できるIoTシステムを実現

「HULFT IoT」はファイル連携のデファクトスタンダード「HULFT」の品質をそのままに、IoTデバイスとの安全、確実なデータ連携を実現し、「IoTミッションクリティカル」と呼ばれる決済やセキュリティ、モニタリングなどの領域におけるデータ欠落の課題を解決します。

IoTシステムで直面するデータ連携に関する課題をオールインワンで解決!

IoTシステムの多様なデータ活用ニーズに対応するため、IoT導入担当者は解決すべき様々な課題があります。HULFT IoTは、データ収集から加工、転送、活用までIoTシステム構築における各レイヤー毎の課題を解決できます。

開発コスト
期間の削減

運用負担の
軽減

セキュリティ
リスクへの対策

転送データの
軽量化

詳しく見る

利用シーン

どんなケースで利用されているかイメージが持てるシーンをご紹介します。

詳しく見る

メリット

HULFT IoTで転送するメリットをご紹介します。

詳しく見る

HULFT IoT Ready

動作確認済みの機器・サービスをご紹介します。

詳しく見る

IoT連携はつくらずにつなぐ!
HULFT IoT Ready の Gatewayを常設
検証したいデバイスをお持ち込みいただければ、すぐにPoCを実施できます。

HULFT IoT [接続検証]POCラボ

トピックス

製品紹介セミナー新規ウィンドウで開きます

製造現場が取り組んだ事例で学ぶ「スマートファクトリー実践セミナー」

評価版ダウンロード

HULFT IoTを60日間無料でお試しできます

お問い合わせ・資料請求

製品ご導入についてのお問い合わせ・資料請求はこちら

【おすすめ資料】IoTデータ通信を低いコストで実現する圧縮テクニック

HULFT IoTによるデータ転送で約50分の1 のサイズ(※通常時との比較)まで圧縮に成功した例をご紹介します。

IoTデータ通信を低コストで実現する圧縮テクニック

ダウンロード

Change Location

Are you visiting HULFT.com (Japanese language) outside Japan ?
When connecting "HULFT" to Japan from overseas, please select "HULFT8".

日本国外からHULFT.com(日本語)にアクセスされようとしています。
海外から日本の「HULFT」と接続する製品をお探しの場合、「HULFT8」をお選びください。