つながる価値、ひろがる未来。 ファイル転送、データ連携ならHULFT

ホワイトペーパー

IoTデータ通信を低コストで実現する圧縮テクニック
~ IoT時代の”パケ死”問題を解決する圧縮テクニック ~

■概要

IoT/M2Mの導入時に大きな課題となるのが、データ通信にかかる通信コストの問題です。大量のデバイスからデータを収集するIoTサービスを展開する際には、低価格かつ 安定した通信品質を確保できる通信サービスを選ぶだけでは解決できません。IoT/M2Mにおけるデータ通信量を削減、低価格の通信サービスを賢く活用する ための鍵が、HULFT IoTで実現されるデータ転送時の圧縮技術です。本ホワイトペーパーでは、HULFT IoTを実際に導入、通常時との比較で約50分の1 のサイズまで圧縮に成功した例をご紹介します。

  • IoTのデータ通信の送信方法はリアル?バッチ?
  • IoT通信にかかるコストのシュミレーション
  • HULFT IoTを活用した通信圧縮の成果を検証

ダウンロード