つながる価値、ひろがる未来。 ファイル転送、データ連携ならHULFT

HULFT IoT

ミッションクリティカル領域で安心して利用できるIoTシステムを実現

利用シーン

IoTデータの活用は様々な領域で進んでいます

製造:予測保守、品質検査、遠隔業務 流通・小売:スマート決済、消費者行動分析 エネルギー:需要予測、スマートグリッド 輸送・物流:サプライチェーン、トレーサビリティ、燃費管理 公共:防犯・防災、安全対策 ヘルスケア:患者モニタリング、遠隔医療

「HULFT IoT」の利用例

製造業(工作機械)


【目的】 予知保全、FAダウンタイム低減

【課題】 分析対象となる機器の稼働ログが大量に出力された。既設のLANや3G回線では速度・コストと運用面で課題が発生した。

【解決】 HULFT IoTのデータ圧縮(10GB→0.5GBに圧縮)で通信負荷/コスト低減を実現。

製造業(精密部品)


【目的】 品質向上

【課題】 全件画像判断による品質検査を実施したいが、画像データの量・サイズとも大きく既設のLANを圧迫することが課題となった。

【解決】 異常を検知した際の画像のみを送信。画像ファイルを送信時にHULFT IoTで圧縮、通信の負荷を低減した。

製造業(工作機械)


【目的】 遠隔保守、自動オペレーション

【課題】 遠隔地、移動体からのリモートメンテナンスのため、稼動ログの収集(上りのIoT)と、機器へのファームウェア配信(下りのIoT)自動化。

【解決】 HULFT IoTのデータ収集・配布機能により、上りのIoT、下りのIoT双方の自動化を実現。

製造業(組立加工)


【目的】 FA予知保全

【課題】 稼働状況の見える化、分析、予知保全にすぐに取り組みたい。生産技術部門でIoT化するのでプログラム開発したくない。

【解決】 データ収集、連携、見える化をHULFT IoTとDataSpiderの組み合わせで実現。ノンプログラミングで予知保全のしくみ構築ができた。

IoT連携はつくらずにつなぐ!
HULFT IoT Ready の Gatewayを常設
検証したいデバイスをお持ち込みいただければ、すぐにPoCを実施できます。

HULFT IoT [接続検証]POCラボ

資料請求 新規ウィンドウで開きます

製品カタログご送付希望の方はこちら

評価版ダウンロード

HULFTを60日間無料でお試しできます

お問い合わせ

製品ご導入についてお問い合わせください

【おすすめ資料】IoTデータ通信を低いコストで実現する圧縮テクニック

HULFT IoTによるデータ転送で約50分の1 のサイズ(※通常時との比較)まで圧縮に成功した例をご紹介します。

IoTデータ通信を低コストで実現する圧縮テクニック

ダウンロード