HULFT8

TCP/IP企業内・企業間通信ミドルウェア

製品概要

安全・安心、確実なファイル転送ミドルウェア「HULFT(ハルフト)」とは?

確実性・信頼性 幅広いOS対応 自動化

HULFT(ハルフト)は、企業活動において発生する売上データや顧客情報、ログデータなど、ITシステムに蓄積されたデータの送受信を行うファイル転送ミドルウェアです。業務システムの基盤として使えるように、文字コード変換を始めとする多彩な機能を備え、サーバーやプラットフォーム、コード体系などが異なる様々なファイルを、業界標準のTCP/IPプロトコルを使って安全、確実に送り届けます。

幅広い対応OSにより、企業内・企業間ファイル転送の標準化を実現

HULFTはUNIX、Linux、Windowsはもちろん、z/OSやMSP、VOSなどの各メインフレームをはじめ、i5/OSに代表されるミッドレンジコンピュータとのファイル転送を自動化し、企業内、企業間の各種業務アプリケーションとのシームレスなデータ連携が可能です。

運用に合わせて、送信側、受信側どちらのサーバからも転送命令を実行

HULFTのファイル転送はHULFTがインストールされているマシン同士で行います。配信側からファイルを転送するプッシュ型と、集信側からファイルを要求するプル型があります。HULFTではプッシュ型を「配信要求」、プル型を「送信要求」と呼びます。運用に合わせて、どちらのサーバからでも配信、集信の双方の転送を実行できます。

HULFTとHULFT Scriptでファイル転送前後に生じるスクラッチ開発が不要

HULFT Scriptの詳細はこちら

はじめてのHULFT、これからもHULFT

これ1冊でHULFT運用・導入前のいろはを習得!

これからHULFTを利用する方や新任のHULFT管理者様向けに、製品活用のための基礎的な情報をまとめた小冊子のPDFをご提供中です。HULFTをご利用中のお客様はもちろん、製品導入をご検討中のお客様もぜひダウンロードしてご一読ください。

ハンドブックをご要望の方はこちら 新規ウィンドウで開きます

「安全・安心」への取り組みトータル品質で選ばれるHULFT

資料請求 新規ウィンドウで開きます

製品カタログご送付希望の方はこちら

評価版ダウンロード

HULFTを60日間無料でお試しできます

お問い合わせ

製品ご導入についてお問い合わせください