つながる価値、ひろがる未来。 ファイル転送、データ連携ならHULFT

HULFT8

TCP/IP企業内・企業間通信ミドルウェア

HULFT 8.4 提供開始のお知らせ (2019年03月05日(火)リリ-ス)

新バージョンでは、データガバナンス機能の強化による実績の「安全安心」のさらなる強化、デジタル変革時代の取り組みを実現する「多様な利用」への対応強化、および「業務効率化」を実現する新機能を提供します。

多様なデータ連携を実現する機能
  • 基本性能をさらに強化、より多様なデータ連携の利用ニーズでの活用を可能に
    • 少量多頻度のファイル転送処理を高速化、秒単位で連携処理にも対応
  • 少量多頻度処理の高速化
  • 「企業間ファイル連携基盤」を実現しやすくする機能の充実
    • SFTP接続時のユーザ管理機能や鍵交換アルゴリズムを追加、SFTPでの外部連携が可能に
  • HULFTとSFTP/FTPの共存運用
  • 定型的なファイル転送以外でも利用しやすく、企業内で広がる多様なデータ連携も「安全安心」に
    • 管理情報を登録しなくてもHULFTでのファイル転送を利用可能に
  • クラウドでもHULFTを利用しやすく
    • AWS(Amazon Web Services)から公式に提供・サポートされている「Amazon Linux 2」にも正式対応
【データガバナンス機能の強化】
  • 高度なセキュリティの確保を強制する機能
    • 「高セキュリティ設定」のホスト同士以外では通信できなくなるモードを設定可能に
  • 通信先毎の接続制限を柔軟に設定可能に
    • 未登録ホストからの要求受付時の許可設定詳細化など
【業務効率化:導入・運用をさらに行いやすく効率的に】
  • 導入作業の効率化
    • インストール作業を簡単かつ効率化できる新インストーラ
    • インストールの簡易化​
    • 管理情報を効率的に設定できる機能(管理情報のエクスポート・インポート機能)
  • 管理情報エクスポート・インポート
  • 運用作業の効率化
    • ログ出力機能の改善と強化
    • HULFTの製品ヘルプをWebで公開(こちら)、Google等でも検索可能に
      (製品をインストールせずに製品ヘルプを参照可能に、導入済みHULFTの保守作業が容易になります)

その他、複数ファイル結合機能の強化や、機能の改善/不具合修正も行っています。(詳細につきましては WEB ページないしは製品附属ドキュメントをご覧ください)

  • 関連製品も同時にアップデートを行います(HULFT-HUB/HULFT-WebConnect/HULFT-WebFileTransfer/HDC-EDI Manager)

製品紹介セミナー新規ウィンドウで開きます

HULFT8を体験できる製品紹介・ハンズオンセミナーを開催しています

評価版ダウンロード

HULFTを60日間無料でお試しできます

お問い合わせ・資料請求

製品ご導入についてのお問い合わせ・資料請求はこちら