つながる価値、ひろがる未来。 ファイル転送、データ連携ならHULFT

社員一人ひとりの自由なワークスタイルを支える
働き方を見える化!勤怠ダッシュボードとは
既存の勤怠システムはそのままに新たなデータを繋ぐエコシステム化のススメ

解決

解決のポイント

  • 既存の勤怠システム上の在籍データだけでなく、その他得られる新しいデータ(PCの稼働状況、VPNの接続データ)を集め、日次で自動集計し、ダッシュボード化することで労働時間の見える化が容易に

既存の勤怠システムはそのままに、新しいデータを組み合わせたダッシュボードを作成。素早い現状把握が可能に

そんな時、「攻めの情シス」としてIT活用によるスタッフ部門の生産性向上に取り組んでいた情報システム部門のヒアリング活動があり、人事のT氏は、この課題を情シスのS氏に打ち明けます。その課題を受けたS氏は、よりよい解決策を求め、人事関連のフォーラムに参加することにしました。そこでセゾン情報システムズの情報システム部長による、「あらゆる異なるシステムやデータが連携するエコシステム化」の具現化によって、環境変化とスピードに耐えられる取り組みの発表を目にしました。勤怠にフォーカスした業務自動化もそのひとつでした。本内容は、既にセゾン情報システムズ社内で実証実験を行い、大幅な業務自動化を実現しているモデルでした。
デモを見せてもらったS氏は、このソリューションに手ごたえを感じました。

セゾン情報システムズが提供していたソリューションは、勤怠管理システム上の在籍状況だけでなく、VPNなどの接続データを集めてダッシュボード化し、一覧表示させるというものでした。これなら勤怠システムの打刻情報と実PC稼働時間に乖離があるかどうかを素早く把握することができます。
S氏は社内で相談し、同じ仕組みによる勤怠管理を実施するために導入を決定。

「自動化ソリューションを導入したことで、勤怠情報の管理に割いていた労力が各段に減り、人事部の業務効率化につながりました。データの乖離、矛盾も少なくなりましたね」(S氏)

運用を開始してからB社内では、これまで月をまたいでいた集計が、日時で自動集計できるようになり、働き過ぎている社員はいないか、ほぼリアルタイムで把握可能になり、スタッフへの迅速な声がけや状況把握などの対策を打てるようになりました。

この課題を解決したソリューション

関連セミナー

開催日程 残席状況 参加申込
2019年 9月25日(水)15:00~16:30
2019年10月10日(木)15:00~16:30
空席あり

詳細PDFPDFが開きます

セミナー概要
社会がこれまでにない形へ、急速に変わりつつあります。当社では、これからの環境変化に対応するため、従来の上位下達のヒエラルキー組織から脱却を図り、フラットな「TRIBE」形態の組織への変革を推し進め、順調に進展しています。 これは、行政主導の「働き方改革」に則った動き方だけではなく、当社の本質的な課題に向き合い真摯に対応した成果であると考えています。 当セミナーでは、改革に向けた当社の思い、進め方を「会社を変革したい」方に共有し参考にしていただくことで、社会の発展に寄与することを目的としております。

その他のケーススタディ

お問い合わせ

1 2

「デジタルトランスフォーメーション」対談 一覧

顧客満足度No.1 EAIソフトウェア「DataSpider Servista」

DataSpider Servista 評価版ダウンロード

こちらから30日間無料でお試しいただけます。導入検討の際にぜひご活用ください。

お問い合わせ・資料請求

製品や導入についてご不明な点はお気軽にお問い合わせください

Change Location

Are you visiting HULFT.com (Japanese language) outside Japan ?
When connecting "HULFT" to Japan from overseas, please select "HULFT8".

日本国外からHULFT.com(日本語)にアクセスされようとしています。
海外から日本の「HULFT」と接続する製品をお探しの場合、「HULFT8」をお選びください。