つながる価値、ひろがる未来。 ファイル転送、データ連携ならHULFT

HULFT-HUB

HULFT運用管理のさらなる最適化・自動化を実現

動作環境 等

対応OSと必須ソフトウェア

「HULFT-HUB Server Ver.3 動作環境検索」「HULFT-HUB Manager Ver.3 動作環境検索」の各ページにて過去バージョンを含む動作環境をご確認いただけます。

動作環境検索の使い方

  • OS選択では「OS区分なし製品」をお選びください。調べたい対象のバージョンをお選びください。
  • 検索ボタンをクリックしてください。
  • 下部に「対応OS情報、対応Webブラウザ情報、必須データベース情報、必須ソフトウェア情報」が表示されます。

利用可能クラスタソフト


HULFTは、クラスタソフトウェア向けにコマンドによる起動、終了、稼働監視のインターフェイスを提供おります。
クラスタソフトウェアからこのインターフェイスを使用することで、クラスタソフトウェアの起動、終了、稼働監視機能が利用可能です。

なお、下記のクラスタソフトウェアでは上記機能が利用可能であることを確認しています。

HP/Serviceguard、IBM/PowerHA for AIX、IBM/Tivoli System Automation、Microsoft/Windows Server Failover Clustering(WSFC)、NEC/CLUSTERPRO、Oracle/Oracle Solaris Cluster、Red Hat/Red Hat Cluster Suite、Symantec/VERITAS Cluster Server、サイオステクノロジー/LifeKeeper、 東芝ソリューション/ClusterPerfect、日立/HAモニタ、富士通/PRIMECLUSTER 等

接続可能HULFT製品

資料一覧 更新日
HULFT-HUB 接続可能HULFT製品 2019年05月23日

推奨メモリ/インストール時に必要なディスク容量

製品リリースポリシーについて

HULFTおよびHULFT Family各製品における提供方針

  • 製品バージョンの定義
  • プロダクトライフサイクル
  • OS・ミドルウエアへの対応
  • ハードウェア・仮想化環境への対応
  • 情報提供

詳しくはこちら

製品紹介セミナー新規ウィンドウで開きます

HULFT8を体験できる製品紹介・ハンズオンセミナーを開催しています

評価版ダウンロード

HULFTを60日間無料でお試しできます

お問い合わせ・資料請求

製品ご導入についてのお問い合わせ・資料請求はこちら