ファイル転送、データ連携ならHULFT

HULFT DataCatalog

散在したメタデータを収集・整理・カタログ化

利用用途

データ探索とその内容把握を容易にし、データドリブンで意思決定を支援するHULFT DataCatalog。経営層からIT部門、営業やバックオフィスなどLoBまで、すべての社員に様々なシーンで価値を提供します。

確かなデータで計画策定(経営企画)

来期の事業計画策定では過去データの分析が欠かせません。ただしそこにはデータの正確性が求められます。HULFT DataCatalogでデータの来歴をチェックすることで、似通ったデータの中から求めるデータを選ぶことができます。データ準備期間の短縮は、経営のスピードアップをもたらします。

セルフサービスBIを実現(LoB①)

HULFT DataCatalogを導入することで、営業部門やバックオフィスの社員みずから必要なデータを探し出し、TableauやExcel(Power BI)などのBIツールで分析・可視化が可能に。都度IT部門に依頼する必要がなくなり、LoB(現場社員)によるセルフサービスBIを実現します。

用語集の整備で誤解釈を回避(LoB②)

用語自体の“意味”に注目することで、部門/部署ごとに異なるビジネス用語を用いることによるコミュニケケーションロスを吸収。定義された用語をデータと紐づけることで、データを正しく理解することができ、誤解釈によるデータの選択ミスを防ぎます。

機密情報/個人情報の管理厳格化(IT部門)

HULFT DataCatalogを用いて、機密情報/個人情報がポリシーに反する場所に保存されていないかなどをチェックすることができ、データガバナンスを強化し情報漏洩リスクを低減することができます。

Change Location

Are you visiting HULFT.com (Japanese language) outside Japan ?
When connecting "HULFT" to Japan from overseas, please select "HULFT8".

日本国外からHULFT.com(日本語)にアクセスされようとしています。
海外から日本の「HULFT」と接続する製品をお探しの場合、「HULFT8」をお選びください。