株式会社セゾン情報システムズ

業種・業態
情報・通信 / サービス
導入製品
DataSpider Servista

経営層から求められた事業報告資料の可視化
「DataSpider Servista」と「Tableau」の組み合わせで
わずか1ヵ月で情報可視化基盤を構築

セゾン情報システムズは「カテゴリートップの具現!」を中期ビジョンに据え、7つの中期重点施策に取り組んでいる。その1つが「業務プロセスやコスト構造の最適化」。BPRによって業務内容、全社業務プロセスの刷新を掲げている。このプロジェクトを推進する情報システム部が中心となって最初に取り組んだのが、受注前の活動状況をはじめとしたパイプライン情報やプロジェクトことの原価管理などの事業報告資料を見える化することだった。

USER PROFILE

企業情報:
株式会社セゾン情報システムズ
本社:東京都豊島区東池袋3-1-1サンシャイン60 21F
設立:1970年9月1日
資本金:13億6,768万7,500円
従業員数:1,172名(2016年3月末現在 連結)
事業内容:
カードシステム事業、流通・ITソリューション事業、HULFT事業

株式会社セゾン情報システムズ
情報システム部
部長

高橋 秀治 氏

株式会社セゾン情報システムズ
情報システム部

田中 健雄 氏

株式会社セゾン情報システムズ
情報システム部

佐々木 貴雅 氏

課題

  • 従来の報告書はExcelが多用され、直感的にわかりにくい資料になっていた
  • 会議資料の作成に多くの時間が割かれ、現場からも改善の声があがっていた

解決のポイント

スモールスタートでツールを選定。稼働までのスピードが早く、変化に対応できるポイントから「Tableau」を採用。

  • スタンドアロンで小さく始めることができ、イメージするレイアウトが「Tableau」を使うことで1時間もかからずに可視化
  • 「DataSpider Servista」の豊富なシステム連携アダプタを使うことで簡単に基幹システムからもデータを取り出すことができた
最終的には、Excelの標準フォーマットで入力された事業報告資料をDataSpider が取り込み、Tableauに自動連携することで事業報告資料の可視化を行う仕組みが 整備されることになった。

製品情報をご覧ください

基幹系システムを含めたマルチプラットフォームでのファイル転送を行いたい

解決策はこちら「TCP/IP 企業内・企業間通信ミドルウェア HULFT8」

導入事例一覧に戻る

その他の導入事例

一覧を見る