つながる価値、ひろがる未来。 ファイル転送、データ連携ならHULFT

Thunderbus 動作環境

Thunderbusの構成

ファイルエージェント

WebDAVを利用したファイル共有

Webサーバの指定ディレクトリにファイルをアップロードすることなく、イントラネット内にあるフォルダをユーザが指定するだけで、WebDAVを利用したファイル共有ができるようになります。

一般的なWebDAVクライアントソフトを使ったファイルの共有、WebDAVプロトコルを利用したアプリケーション開発、そしてDataSpider Thunderbus コネクタを利用したデータ連携が可能です。

HTTPエージェント

DBエージェント

クラウド環境の DataSpider Servista から Thunderbus を経由して、オンプレミス環境にある DB サーバーへアクセスすることが可能です。データの読み取りのみが可能です。

対応OSと必須ソフトウェア

「Thunderbus 動作環境検索」ページにて過去バージョンを含む動作環境をご確認いただけます。

Thunderbus 動作環境検索 新規ウィンドウで開きます

動作環境検索の使い方

  • OS選択では「OS区分なし製品」をお選びください。調べたい対象のバージョンをお選びください。
  • 検索ボタンをクリックしてください。
  • 下部に「対応OS情報、対応Webブラウザ情報、必須データベース情報、必須ソフトウェア情報」が表示されます。

DataSpider Servistaとの連携

  • Thunderbus とDataSpider Servistaを連携させる場合は、DataSpider Servista の対応バージョンは 3.2 SP1以降となります。
  • Thunderbus DB Agent を利用する場合には、DataSpider Servista の対応パージョンは4.1SP4以降となります。

仮想化環境について

  • VMWare、Hyper-V、Citrix XenServer 上のThunderbus対応OSをサポートしています。
  • 仮想化環境でのご購入をご検討の場合、ライセンス・年間サポート サービス価格につきましてはお問い合わせください。

評価版ダウンロード

こちらから無料でお試しいただけます。導入検討の際にぜひご活用ください。

お問い合わせ

製品や導入についてご不明な点はお気軽にお問い合わせください