つながる価値、ひろがる未来。 ファイル転送、データ連携ならHULFT

HULFT小話(こばなし)

Vol.9 FTP転送とHULFT転送の違い~3つのケース~

こんにちは。
HULFTセミナー担当の岡崎です。

FTP1とHULFTの違い ~3つのケース~

  • 受信したデータが欠落しているときの対処方法は?
  • エラー発生時、運用担当者にメールで通知する方法は?
  • 毎日17時ちょうどのタイミングで転送する方法は?

1. 受信したデータが欠落しているときの対処方法は?

2. エラー発生時、運用担当者にメールで通知する方法は?

3. 毎日17時ちょうどのタイミングで転送する方法は?

FTP1とHULFTの違い ~HULFTができること~

  • レコード件数、サイズ、ハッシュ値によりデータの整合性をチェック。
    不完全の場合は、送信側にエラー通知。
  • エラー検知後、エラー内容を運用担当者に自動でメール通知。
  • スケジュール機能で、任意のタイミングでファイル転送。 休日設定も簡単に設定。
さらにHULFTだと
運用メンテナンスの際にも変更が簡単です。

皆様にセミナーでお会いできることを楽しみにしています!
次回のHULFT小話もお楽しみに!

お問い合わせ

当コラムへのご意見・ご感想・お便りなど、お待ちしております。
連絡先:hulseminar@hulft.com

HULFT製品をご体験ください。

製品のお試し利用:

HULFT製品の評価版をご提供しております。60日間ご利用が可能です。お申込みから90日間のサポートも完備。インストールから実際のご利用まで皆さまをバックアップします。ぜひ、お気軽にお申込みください。

製品のお試し利用はこちらから

セミナー(事前登録制/無料):

HULFT製品ってどんな製品?どんな機能があるの?という疑問解消セミナーから、実機を使って実際にHULFTを操作をする事で製品のご理解をいただくハンズオンセミナーまでご用意しております。ぜひ、ご参加ください。

セミナーのお申し込みはこちらから

Change Location

Are you visiting HULFT.com (Japanese language) outside Japan ?
When connecting "HULFT" to Japan from overseas, please select "HULFT8".

日本国外からHULFT.com(日本語)にアクセスされようとしています。
海外から日本の「HULFT」と接続する製品をお探しの場合、「HULFT8」をお選びください。