技術コラム一覧〈メディカル・ヘルスケア 技術コラム Vol.3〉

メディカル・ヘルスケア

Vol.3 医療データ活用に向けた、患者情報の統合・一元管理

第1章. 解説

連携イメージ

医療機関様の電子カルテA(患者情報診療実績)、クリニックの電子カルテB(患者情報診療実績)、介護の介護システム(要介護者情報介護実績)を医療機関様の統合医療情報システムへ収集する。

課題

  • 各システムで異なる患者情報の名寄せ
  • さまざまなシステムのフォーマットの変換対応が必要

HULFT製品活用による効果

評価用製品の入手先

DataSpider Servista 評価版ダウンロード

インストール方法

第2章. 処理概要

医療機関様(施設コード:01)の電子カルテA(患者情報・受信履歴)、クリニック(施設コード:02)の電子カルテB(患者情報受信履歴)、介護(施設コード:03)の介護システム(患者情報・介護実績)を統合側システムへ収集、フォーマットを統合しマージする。そこから統合患者情報、患者情報名寄せマスター、重複疑い患者ID、統合受信履歴を取得できる。

データのイメージ

電子カルテA
電子カルテB
介護システム
統合側システム(統合処理前のデータ)

第3章. ポイント解説

3.1 ポイント1-様々なフォーマットの変換を容易に実現

提供機能
手順
  • ツールパレットの中の『マッピング』をドラッグし、スクリプト画面にドラッグ
  • 名前を『変換』に設定
  • 項目をマッピング

2.3 ポイント2-患者情報のクレンジング機能を実施し、名寄せを容易に実現

提供機能
手順
  • スクリプトの中の『変換』をクリック
  • ツールパレットの中から『文字例』⇒『変換』⇒『小文字に変換』を選択し、マッピング画面にドラッグ
  • ツールパレットの中から『文字例』⇒『変換』⇒『正規表現置換』を選択し、マッピング画面にドラッグ
  • カナ氏名を『小文字に変換』と『正規表現置換』に接続し、出力先のカナ氏名に接続
〈変換前〉
ヤマダ  タロウ
ヤマダ   タロウ
〈変換後〉
ヤマダ  タロウ
ヤマダ   タロウ
〈変換前〉
ヤマダ     タロウ
ヤマダ   タロウ
〈変換後〉
ヤマダ タロウ
ヤマダ タロウ

3.3 ポイント3-さまざまなトリガー機能により運用の自動化が可能

提供機能
  • スケジュールトリガー スケジュール実行が可能
  • ファイルトリガー ファイルの更新、削除を契機に実行が可能
  • DBトリガー DBレコード更新を契機に実行が可能
  • HULFTトリガー HULFTのデータ受信を契機に実行が可能

DataSpider Servista 製品概要

手順
  • マイトリガーをクリック
  • マイトリガーのタスクより、契機を選択
  • トリガーの設定を入力し、実行したいスクリプトを選択
設定例)30秒間隔に処理を実行する
マイトリガーを選択
スケジュールトリガーの設定
スケジュールの設定
インターバルの設定
休日設定の実施
実行したいスクリプトを選択

第4章. 操作方法

4.1 準備

手順1―サンプルデータをダウンロードする
サンプル定義のダウンロード

サンプル定義のダウンロード

フォルダ構成
手順2―DataSpiderのスクリプトファイルをインポートします

4.2 連携実行

4.2.1 『送信ファイル』の準備

手順1―病院の入力データ(患者情報)を確認する
手順2―病院の入力データ(受診履歴)を確認する
手順3―クリニックの入力データ(患者情報)を確認する
手順4―クリニックの入力データ(受診履歴)を確認する
手順5―介護施設の入力データ(要介護者情報)を確認する
手順6―介護施設の入力データ(介護実績)を確認する

4.2.2 病院のデータ取り込み実行

手順1―DataSpiderを実行する

4.2.3 クリニックのデータ取り込み実行

手順1―DataSpiderを実行する
手順2―実行結果を確認する

4.2.4 介護施設のデータ取り込み実行

手順1―DataSpiderを実行する
手順2―実行結果を確認する

4.2.5 統合結果

手順1―実行結果を確認する
患者情報.CSV
名寄せ.CSV
重複.CSV
受診履歴.CSV

第5章. 最後に

  • 評価版は無償で60日間ご利用いただけます。
  • 評価版のお申し込み後、90日間の技術サポートを無償でご利用いただけます。

DataSpider Servista 評価版ダウンロード

技術コラム一覧