つながる価値、ひろがる未来。 ファイル転送、データ連携ならHULFT

株式会社山口銀行様

業種・業態
金融
導入製品
HDC-EDI Suite

地銀共同化システムとのゲートウェイシステムにHDC-EDI Suiteを導入 統合的なデータの集配信基盤で運用の効率化を実現

USER PROFILE

企業名:
株式会社山口銀行
事業概要:
山口県・広島県・北九州エリアを中心とした地域密着型の金融サービス

株式会社山口銀行
システム部
基盤開発グループ
副調査役

來島 友治 氏

株式会社山口銀行
システム部
基盤開発グループ

黒木 啓 氏

課題

  • 地銀共同化システムへの参画に伴い、行内にある既存の業務システムとのデータ連携が必要になった
  • 業務システムごとにデータ連携プロトコルが違いデータ転送手順がバラバラだったため、運用の効率化が大きな課題となっていた
  • 従来のシステムは転送エラーが発生した際、各業務システム担当者の人手による再送処理が必要。業務遅延につながるリスクが増大していた

解決のポイント

山口銀行は、地銀共同化システム(基幹システム)と自行内業務システムをつなぐゲートウェイとして企業間データ連携ソリューションのHDC-EDI Suiteを導入した。これにより、多様な業務システムと基幹システムの間のデータ集配信と、各業務システム間のデータ連携は、プロトコルの違いを意識しない一元管理が可能になった。

HDC-EDI Suiteをベースとしたゲートウェイシステムの構成イメージ
山口銀行では、HDC-EDI Suiteを介して各業務システム間と地銀共同化システム間をシームレスにデータ連携している

製品情報をご覧ください

業界標準の通信手順に対応したEDIの仕組みとHULFTを柔軟に連携したい

解決策はこちら「企業間データ連携ソリューション HDC-EDI Suite」

導入事例一覧に戻る

その他の導入事例

一覧を見る