つながる価値、ひろがる未来。 ファイル転送、データ連携ならHULFT

株式会社りそな銀行様

業種・業態
金融
導入製品
HULFT-WebFileTransfer

セキュアなデータ伝送システムをHULFT-WebFTで実現 LGWANの基準をクリアしたWebベースの仕組みにより自治体業務データの安全かつ効率的な受け渡しが可能に

USER PROFILE

企業名:
株式会社りそな銀行
事業概要:
最適な商品・サービスをスピーディに提供する「新しい金融サービス業」のビジネスモデル構築に積極的に取り組む。

株式会社りそな銀行
システム部
担当マネージャー

三谷 一 氏

株式会社りそな銀行
大阪公務部
営業第三部
マネージャー

吉田 修朗 氏

株式会社りそな銀行
大阪公務部
営業第三部
マネージャー

織田 正憲 氏

課題

  • 自治体の業務データを安全かつ効率的に授受できるデータ連携基盤の実現。
  • 自治体ネットワークに求められる「LGWAN」の基準をクリアするセキュリティの確保。
  • 利用者に新たなコスト負担を強いることなく、従来の運用スキームを継承したい。

解決のポイント

りそな銀行は某自治体の指定金融機関として、公金収納管理、債権管理、財務会計など自治体の集計業務を代行する。そのデータ連携基盤を強化するため、同行はセゾン情報システムズのデータ連携ミドルウェア「HULFTクラウド」をベースに、プライベートクラウド型のデータ伝送システムを実現した。このシステムはインターネットを利用する汎用性の高い仕組みでありながら、総合行政ネットワーク「LGWAN」の基準をクリアする高いセキュリティを確保している。既存PCで利用できるため、新たな投資をせずに従来の運用スキームを継承できるのも大きなメリットである。年間3000万件ものデータ授受を支えており、自治体と同行をつなぐデータ連携基盤として重要な役割を担っている。

図 りそな銀行が構築したプライベート型データ伝送システム
自治体とりそな銀行のシステムセンタ-はインターネットを介して接続する。自治体の端末には電子証明書を導入し、接続可能な端末を限定。SSL通信にも対応する。高いセキュリティを確保することで、自治体の業務データを安全にやりとりする環境を整えている。

製品情報をご覧ください

Webベースの仕組みでファイル転送を行いたい

解決策はこちら「セキュアWebデータ連携ミドルウェア HULFT-WebFileTransfer」

導入事例一覧に戻る

その他の導入事例

一覧を見る