つながる価値、ひろがる未来。 ファイル転送、データ連携ならHULFT

株式会社SUBARU様

業種・業態
製造
導入製品
HULFT / HULFT-WebFileTransfer / DataMagic

HULFTシリーズを軸にWeb発注システムを構築 社内コストを45%削減し、取引先のコスト低減にも貢献

USER PROFILE

企業名:
株式会社SUBARU
事業概要:
「スバル汎用エンジン」を中心にエンジン駆動の発電機、投光器、ポンプなどの製品を開発・生産する

株式会社SUBARU
産業機器カンパニー
企画管理部長

山岸 伸吾 氏

株式会社SUBARU
産業機器カンパニー
企画管理部 情報システム課
インフラ企画管理係 係長

太田 実千男 氏

  • 所属・役職・社名等はインタビュー当時のものとなります。

課題

  • 素材・部品の電子商取引基盤として、ASP型のWeb-EDIシステムを利用していたが、ランニングコストが大きな負担になっていた。
  • 安全に発注データをやりとりするため、取引先とWeb-EDIシステムとの接続には専用線を利用していた。その分の回線コストは取引先の負担となるため、セキュアかつ低コストに利用できる仕組みを求めていた。
  • 従来のWeb-EDIシステムはASP型。運用の手間はかからないが、障害発生時の対応も事業者に頼らざるを得ず、発注業務に支障をきたすこともあった。

解決のポイント

株式会社SUBARU産業機器カンパニーはASP型のWeb-EDIシステムを刷新し、HULFT、HULFT-WebFileTransfer、DataMagicを組み合わせて新たなWeb発注システムを情シス部門で“内製化”した。人手を介さない運用を実現したことと、サービスのランニングコストが不要になったことで、45%のコスト削減を実現。HULFT-WebFileTransferはWebブラウザ経由で利用できるため、従来のASPサービスでは必須だった専用端末や専用線を使わずに済み、取引先側のコスト削減にも貢献。さらに、Webブラウザがあれば利用できることから、Web発注システムを利用する取引先も拡大。同社における素材・部品の発注業務の効率化を実現した。

図 HULFTおよびHULFT-WebFileTransferを軸にしたWeb発注システムの仕組み
HULFT経由で基幹系から取り込まれた発注データをもとに、DataMagicでファイル分割とクレンジング加工が行われ、サードパーティの帳票作成・運用ツールで確認用帳票のPDFファイルが生成される。この処理はJOB連携により、自動で実行される。取引先はWebブラウザからHULFT-WebFileTransferに接続し、PDFファイルと発注単位のCSVファイルを入手する。
  • この事例の記載内容は、2014年3月現在のものです。本事例の記載内容は予告なく変更することがあります。

導入事例一覧に戻る

その他の導入事例

一覧を見る