つながる価値、ひろがる未来。 ファイル転送、データ連携ならHULFT

製品サポートポリシー

弊社製品におけるサポートポリシーについてはこちらをご覧ください。

製品バージョンとサポート内容について

HULFT製品では、リリースされたバージョンがどのサポートステージにあるかによってサポートレベルが設定されており、技術サポートサービスの提供範囲が異なります。
国内・海外でも原則、同様にサポートを提供しておりますが、海外でのサポートについてはお問い合わせください。

スタンダードサポート リミテッドサポート
(延長サポート)
Webでの製品情報提供
技術的なお問合せへのサポート (※3)
バージョンアップ版の提供
(※1 ※2 ※4)

※リビジョンアップ版・レベルアップ版の無償提供を含む
製品の障害に対する復旧支援、原因調査
OS 変更によるライセンス書換え、グレードアップ版の提供

スタンダードサポート(通常サポート)

  • Webでの製品に関する技術情報の提供
  • 製品に関する技術的なお問合せ (※3)
  • 製品の障害に対する復旧支援、原因調査
  • バージョンアップ版の提供、リビジョンアップ版・レベルアップ版の無償提供 (※1) (※2) (※4)
  • OS 変更によるライセンス書換え、グレードアップ版の提供

リミテッドサポート(延長サポート)

  • Webでの製品に関する技術情報の提供
  • 製品に関する技術的なお問合せ (※3)
  • 製品の障害に対する復旧支援、原因調査
  • バージョンアップ版の提供 (※1) (※2) (※4)

HULFT技術サポートサービス 提供サービスのご案内 pdf (0.68 MB)

  • ※1
    ダウンロードの方法により提供することがあります。CD-ROM 等のメディアによる提供を希望される場合、別途料金がかかります。
  • ※2
    OS バージョンによっては、有償となる場合がございます。詳細については、お問い合わせください。
  • ※3
    スタンダードサポートの製品が製品ライフサイクルにより リミテッドサポートへ移行した際はお問合わせへの対応は過去事例のご案内のみとなります。
  • ※4
    リミテッドサポートの場合には、バージョンアップ版の提供は、原則として別途料金を申し受けます。また、スタンダードサポートが提供されているバージョンアップ版に限ります。

弊社製品におけるOS・ミドルウェアのサポートポリシー

項目 説明
対応OS・ミドルウェアの拡張および除外 対応OSおよびミドルウェアの拡張は、原則、弊社製品の最新版※1で対応いたします。ただし、OSを提供するベンダーのサポートが終了した場合には、同一バージョン内においても対応OSから除外する場合があります。
OSのパッチファイルへの対応 OSのパッチファイル※2については、弊社は、OSベンダーが提供した修正モジュールであると位置づけております。そのため、既に対応しているOSの場合には、パッチファイルを適用した環境においても、適用前の環境と同様に対応といたします。なお、パッチファイル適用の有無により、弊社製品の動作に影響があると判断された場合は、弊社製品の動作に関する留意事項など技術情報としてお知らせいたします。
OS固有機能への対応

原則、OSにおける付加的な固有機能※3(OS独自で提供している機能・ソフトウェア)には対応しておりません。ただし、これらの機能について、弊社製品の動作や設定等の提供可能な情報は、技術情報としてお知らせいたします。

  • ※1
    原則最新バージョン(Ver.X.X.X)での対応となります。ただし、Mainframe版、K版、クラスタソフトウェアはそれぞれ以下の方針でOS・ミドルウェアの拡張を行います。
    • Mainframe版最新OSへの対応:当社技術サポート提供中の最新バージョン(Ver.X)および下位バージョン内
    • K版最新OSへの対応:最新バージョン(Ver.X)内
    • 各製品最新クラスタソフトウェアへの対応:最新バージョン(Ver.X)内
  • ※2
    WindowsUpdate、Windows ServicePack、RedHat Update版、Mainframe PTF等を指します。
  • ※3
    他のOSにはない、OS特有の機能を指します。Windows 2000 ServerのNLB、HP-UXの高信頼性モード等を指します。
仮想化環境やクラウド環境への対応 仮想化環境やクラウド環境で動作しているOSおよびミドルウェアが、当社製品が対応しているOSおよびミドルウェアに準拠していれば、当社製品もそれに準じて対応とします。当社は、特定の仮想化環境(※)またはクラウド環境に対して、個別の動作確認は行っておりませんが、当社が当社製品の動作に影響があると判断した場合は、留意事項等をまとめた技術情報を提供します。
製品の互換性について 弊社は、原則、同一製品においては技術サポートを提供するバージョンと下位互換性を保つような設計思想で開発しております。しかし、やむを得ず互換性が保てない場合には、各製品のマニュアルにて情報を提供します。
情報提供 弊社は、製品のリリースや動作環境に関する情報や利用時の留意事項、販売、サポート等の情報を随時HULFTホームページ(http://www.hulft.com)にてお知らせいたします。