ファイル転送、データ連携ならHULFT

HDC-EDI

企業間データ連携ソリューション

製品リリース情報

HDC-EDI Base Ver.5.2.
HDC-EDI Base LE Ver.5.2.0
提供開始のお知らせ
(2021年2月3日(水)リリース)

HDC-EDIは、企業活動を支える基盤であるファイル連携ミドルウェアのHULFTと、企業間をつなぐEDIを相互に「つなぐ」ことができるソリューションです。さまざまな通信手段のEDIを連携でき、取引先によって異なることもあるデータの変換処理も実現、HULFTによるファイル連携基盤ともシームレスに連携できます。

本リリースでは、継続的に実施している最新の動作環境への対応などを行いました。

新元号への対応

⻄暦/和暦の変換において、元号「令和」をサポートしました。

および、2桁の和暦の変換処理でのデフォルト値を「令和」にしました。

  • プロパティファイルへの設定により、デフォルト値が「平成」となる従来の動作を維持することもできます。

最新の動作環境への対応

新しいバージョンのJava環境をサポートしました。

  • Java 8
    • Red Hat OpenJDK
    • Amazon Corretto
    • Azul Zulu Enterprise
    • AdoptOpenJDK(OpenJ9 / HotSpot)
    • FUJITSU Software Interstage Application Server V12 同梱JDK
  • Java 11
    • Oracle Java SE
    • Red Hat OpenJDK
    • Amazon Corretto
    • Azul Zulu Enterprise
    • AdoptOpenJDK(OpenJ9 / HotSpot)

以下のデータベースについて、新しいバージョンが利用可能になりました。

  • Oracle Database 19C
  • PostgreSQL 12
  • FUJITSU Symfoware Server V12.4

その他不具合修正および機能強化

詳細は製品付属のドキュメントを参照下さい。

製品紹介セミナー新規ウィンドウで開きます

HULFT8を体験できる製品紹介・ハンズオンセミナーを開催しています

評価版ダウンロード

HULFTを60日間無料でお試しできます

お問い合わせ・資料請求

製品ご導入についてのお問い合わせ・資料請求はこちら

Change Location

Are you visiting HULFT.com (Japanese language) outside Japan ?
When connecting "HULFT" to Japan from overseas, please select "HULFT8".

日本国外からHULFT.com(日本語)にアクセスされようとしています。
海外から日本の「HULFT」と接続する製品をお探しの場合、「HULFT8」をお選びください。