つながる価値、ひろがる未来。 ファイル転送、データ連携ならHULFT

株式会社クマヒラ様

業種・業態
製造
導入製品
HULFT

国際会議の成功に物理セキュリティで貢献
入退場を制御するセキュリティゲートとつながる
上位システムとのセキュアなデータ連携をHULFTで実現

USER PROFILE

企業名:
株式会社クマヒラ
事業概要:
金融機関向けの金庫の開発・製造、金庫設備の設計・施工のほか、入退室管理システムやセキュリティゲートなどを提供するトータルセキュリティ企業。

株式会社クマヒラ
企画本部
トータルサポート事業部
セキュリティ企画室 室長

木下 友和 氏

株式会社クマヒラ
企画本部
トータルサポート事業部
セキュリティ企画室

新井 柊一郎 氏

課題

  • 上位システムとセキュリティゲートのシステムでプラットフォームが異なり、文字コード変換処理を別途作り込まなければならない。
  • 国際会議会場には複数のセキュリティゲートがあり、来場者がどのゲートで入退場しても正確に認証を行うことが求められ、上位システムの管理サーバーから認証情報を一斉配信する仕組みに対応する必要がある。
  • 上位システムとのデータ連携に不備があると、セキュリティゲートの認証がうまくいかず、スムーズな入退場に支障をきたす恐れがある。

解決のポイント

クマヒラは入退場を制御するセキュリティゲートとつながる上位システムとのセキュアなデータ連携をHULFTで実現した。「HULFT」を利用することにより、文字コード変換処理は転送タイプを選択するだけで設定が完了。データは暗号化してやりとりできるため、情報漏えいやデータ改ざんも防止できる。また、複数のセキュリティゲートに対する認証情報の一斉配信、ファイル送受信時のデータ欠損等の確認機能も手組する必要がなく実装することができた。開発工数を大幅に削減し、セキュリティゲートの安定運用を実現できた。

セキュリティゲートと上位システムとの連携イメージ
上位システムのサーバーで管理する来場者情報をゲート側の⼊退室管理システムに送信。
それをセキュリティゲートに組み込まれたICカードリーダーが読み取ったID パス情報と照合することで、セキュリティゲートの開閉を制御する。

製品情報をご覧ください

基幹系システムを含めたマルチプラットフォームでのファイル転送を行いたい

解決策はこちら「TCP/IP 企業内・企業間通信ミドルウェア HULFT8」

導入事例一覧に戻る

その他の導入事例

一覧を見る