株式会社トヨタデジタルクルーズ様

業種・業態
製造
導入製品
HDC-EDI Suite

オールトヨタの持続的な成長と発展を目指し、グループ1000社超の企業間取引を24時間365日支える次世代EDI基盤にHDC-EDI Suiteを採用

USER PROFILE

企業名:
株式会社トヨタデジタルクルーズ
事業概要:
トヨタグループをはじめとする自動車業界向けに多様なネットワークサービスなどを展開する

株式会社トヨタデジタルクルーズ
第2サービス開発部
開発2グループ 主任

太田 良 氏

課題

  • トヨタグループの部品調達業務などを支えるEDIサービスの拡張性の向上。
  • 異なるEDI手法とシームレスに連携できる仕組みづくり。
  • 開発・運用コストともに抑制し、競争力の高い料金体系を維持したい。

解決のポイント

トヨタデジタルクルーズは部品調達を支えるEDIサービス「u-DIEX」の機能強化を目指し、新たなサービス基盤としてセゾン情報システムズの企業間データ連携ソリューション「HDC-EDI Suite」を採用。次世代型の統合EDI基盤を実現した。これにより、拡張性が高まり、全銀TCP/IPなどの様々なプロトコルと柔軟に連携できるようになり、お客様の利便性が向上した。開発・運用コストを抑制できたことで、競争力の高い料金体系を継承できた点も大きなメリットである。お客様への提案の幅が広がったことで、ビジネスチャンスの拡大が期待できる。同社はこの強みを武器にEDI環境の最適化を支援し、オールトヨタの持続的な成長と発展に貢献していく。

図 HDC-EDI Suiteのu-DIEX連携イメージ
ユーザー企業はHULFTを介してu-DIEXに接続する。多様なプロトコルに対応したHDC-EDI Suiteを採用することで、u-DIEXはゲートウェイとしての機能を強化。従来のDIEXとの相互連携のほか、DIEXを介さずに取引先と全銀TCP/IPで接続することも可能だ。

製品情報をご覧ください

業界標準の通信手順に対応したEDIの仕組みとHULFTを柔軟に連携したい

解決策はこちら「企業間データ連携ソリューション HDC-EDI Suite」

導入事例一覧に戻る

その他の導入事例

一覧を見る