ファイル転送、データ連携ならHULFT

在宅勤務・テレワークを成功に導くポイント

(場所を意識しない、させない)

こんにちは、HULFTプリセールス担当です。

プリセールスとは、様々な商談でお客様に製品の活用シーンを紹介したり、お客様の要望を実現するために製品の活用方法や最適なシステム構成を案内するなど、技術面からお客様をサポートする仕事、と考えていただけると理解しやすいかと思います。

このように様々なお客様と接しているプリセールス担当から見て、「つなぐ技術」をうまく活用するユースケースをご紹介いたします。

新コロナウイルスの影響で、企業がの様々の対策を行われている中、「在宅勤務・テレワーク」を検討している企業多いではないでしょうか。 本日のテーマは「在宅勤務・テレワーク」の導入を成功させるポイントについて弊社の導入事例を交えてご紹介したいと思います。

御社はどのフェーズ? 在宅勤務やテレワークの導入

新型コロナウイルス対策で急遽、在宅勤務やテレワークをする必要が生じているかと思います。
新しい制度を導入するプロセスとして粒度の違いはあれど、おおよそ以下の手順を経ていきます。

いざ在宅勤務やテレワークを導入しようとすると様々な課題が見えてきたのも事実ではないでしょうか。
政府の緊急事態宣言が発令された前後から考えるとおよそ2ヶ月程度経過し(執筆時点)、在宅勤務やテレワークを導入した企業はちょうど導入期から推進期へ、またはいかに定着させるかを考えている頃だと思います。(あるいは廃止する?)

導入期から推進期へ、そして定着させる際に発生する問題

新型コロナウイルス以前から、働き方改革をテーマにこれまでの仕事の仕方を見直す機運は高まっていました。ただ、検討段階から先に進まないケースもあったかと思います。 これまでの慣習を変えるにはきっかけが必要です。そういう意味では、社会的に大きなきっかけであることに間違いないでしょう。
さて、導入期から推進期へ、そしてwithコロナやafterコロナを見据えて、一定の定着を目指している企業が多くいる中で、半ば突貫工事的に導入したが故の問題も発生していないでしょうか?

これらの問題点は会社の中で業務遂行する上で、特に問題として発生はしておらず(発生しても人海戦術的にカバーできていた)、在宅勤務になった瞬間に顕在化しました。 つまり、場所的な物理制約が諸問題の根底にあります。 これらの手っ取り早い解決方法は「元に戻す」です。会社の中で業務遂行するスタイルに戻せば一見解決したように見えます。ただ先に述べた通り、場所的な物理制約を解決しているわけではありませんので、リスクは残念ながら残ったままになります。

物理的な制約を突破するには「新しい場所」を創造する

皆さんは「会社の中」「事務所」「オフィス」と言われるとどんな場面を頭の中に思い浮かべるでしょうか? ビルの中や工場内など何らかの物理的な空間を思い浮かべているのではないでしょうか。では、業務を遂行する場所と言われるとどんな場面を頭の中に思い浮かべるでしょうか? 在宅勤務やテレワークが始まり、必ずしもビルの中や工場内だけではなくっているはずです。

はじめから分散されている、互いがつながって協調し合うことを前提だとすると、新しい場所とは物理的には分散しているが、空間上は協調して1つに見えるような場所。つまりクラウドのような場所が理想的ではないでしょうか。

従来をぶち壊して、クラウドに行けばいいの?

答えはYESでありNOです。 従来の物理的なモノもシステムも慣習も、それは有形無形の資産です。
それらを単純にぶち壊すだけではもったいないでしょう。 人は急激な変化には恐怖や抵抗感を感じます。(新型コロナウイルス騒動で身を持って体感されたはず)大事なことは「互いがつながっていて協調し合う事」です。
従来の資産と新しいクラウドをつないで協調させる事が重要です。

従来資産とクラウドをつなぐ方法

従来資産とクラウドをつなぎ、協調させているお客様事例を1つご紹介いたします。

ユーザーに社内やクラウドを意識させないことがゴール

従来資産とクラウドが協調する事で、ユーザはそれが社内なのかクラウドなのか、意識する必要がなくなります。 副次的な効果として、リモート先からの社内一極集中がなくなりネットワーク負荷を低減させること(→ユーザにストレスを与えない)が可能です。

常に新しい有用なクラウドサービスを利用しやすく、自社のニーズや想定と合わない場合には別のサービスに移ることも選択しやすくする。 このことが、物理的な制約をなくし変化に柔軟に対応できる最適解ではないでしょうか。afterコロナを見据えて新しい働き方を支える足がかりになれれば幸いてす。

【ご参考】紙伝票処理をクラウド上で提供されているお客様事例

【ご参考】労務管理をクラウド上で提供されているお客様事例

DataSpider Servistaで 「つなぐ」をご体験ください

評価版ダウンロード

DataSpider Servistaのデータ連携を、まずはお確かめください。30日間無料でお試しいただけます。

無料体験セミナーに参加する

DataSpider Servistaの「つなぐ」を体験できる製品紹介・ハンズオンセミナーを開催しています。

Change Location

Are you visiting HULFT.com (Japanese language) outside Japan ?
When connecting "HULFT" to Japan from overseas, please select "HULFT8".

日本国外からHULFT.com(日本語)にアクセスされようとしています。
海外から日本の「HULFT」と接続する製品をお探しの場合、「HULFT8」をお選びください。