つながる価値、ひろがる未来。 ファイル転送、データ連携ならHULFT

評価版オプション一覧

HULFT8

  • HULFT7/7e(UNIX, zLinux, Linux, Windows, HULFT7 Manager/, HULFT7e Manager)は、ご提供を終了致しました。

HULFT8 商品構成について

  • 稼働OS別にラインナップされる本体製品について
    ファイル転送関連の基本機能を提供し、メインフレーム、ミッドレンジコンピュータ、UNIX、Linux、Windows等の各カテゴリにて稼働するOS別にラインナップされています。
    • 富士通製メインフレーム対応、UNIX(NSK)対応については、HULFT8での製品はございません。これらの対応製品については、『HULFT Ver.7』での提供となります。
      これらの対応製品については、『HULFT Ver.7』での提供となります。
    • 日立製メインフレーム対応、NEC製メインフレーム対応、富士通製オフコン対応については、HULFT8での製品はございません。
      これらの対応製品については、『HULFT Ver.6以前』での提供となります。
  • HULFT8 Script Optionについて
    HULFT Scriptは、ファイル転送前後の処理をGUIで設定し、ファイル転送と連動して処理を実行するオプション製品です。
  • HULFT8 Cipher Optionについて
    HULFT8にてファイル転送されるデータの暗号化/複合化処理を行うためのオプション製品です。
    暗号形式により、「HULFT8 Cipher Option(AES)」「HULFT8 Cipher Option(C4S)」の2種類があります。
  • No Encryption(暗号なし)について
    「稼働OS別にラインナップされる本体製品」「HULFT8 Script Option」には、暗号機能を含まない製品があります。
  • HULFT8 Managerについて
    複数拠点・複数プラットフォームのすべての集配信状況や管理情報を一元管理するための関連製品です。
  • 製品概要、機能、特長は以下のサイトからご確認いただけます。

HULFT Family 製品一覧

HULFT8 英語版提供について

HULFT8 グレード詳細について

  • UNIX、zLinux、Linuxに対応したHULFT8の標準グレードは「Standard」、拡張グレードは「Enterprise」となります。Windowsに対応した標準グレードは「Client」、拡張グレードは「Server」となります。
  • zOS版、IBMi版につきましては、グレード設定はございません。
製品名称 機能
基本機能(ファイル転送関連機能) 多重配信 HULFT8の複数起動 リモート生存監視 クラスタ対応機能 ファイルトリガ機能 ネットワークファイル対応 スケジューラ
耐障害性機能 プロセス管理機能(起動同期·生存確認·終了同期)
HULFT8 for UNIX-Enterprise
for UNIX-Standard
for zLinux-Enterprise
for zLinux-Standard
for Linux-Enterprise
for Linux-Standard
for Windows-Server
for Windows-Client

HULFT8 オプション製品と関連製品について

○:標準搭載 ▲:別途購入可能 -:未対応

製品名称 オプション製品
HULFT8 Cipher
Option(C4S)
HULFT8 Cipher Option(AES) HULFT8 Script Option Manager 接続
オプション
HULFT8 for zOS Ver.8 - - ※2
for IBMi - ※2
for UNIX-Enterprise ※2
for UNIX-Standard ※2
for zLinux-Enterprise ※1 ※1 ※2
for zLinux-Standard ※1 ※1 ※2
for Linux-Enterprise ※1 ※1 ※2
for Linux-Standard ※1 ※1 ※2
for Windows-Server ※1 ※1 ※2
for Windows-Client ※1 ※1 ※2
  • ※1
    一部のOS環境では未対応です。詳細は製品の動作環境をご確認ください。
  • ※2
    Ver.8より全機種で標準搭載。

HULFT8 動作環境について

HULFT Family 製品一覧

HULFT7

  • HULFT7/7e(UNIX, zLinux, Linux, Windows, HULFT7 Manager/, HULFT7e Manager)は、ご提供を終了致しました。

HULFT7 商品構成について

  • 稼働OS別にラインナップされる本体製品について
    ファイル転送関連の基本機能を提供し、メインフレーム、ミッドレンジコンピュータ、UNIX、Linux、Windows等の各カテゴリにて稼働するOS別にラインナップされています。
    • 日立製メインフレーム対応、NEC製メインフレーム対応、富士通製オフコン対応については、HULFT7での製品はございません。
      これらの対応製品については、『HULFT Ver.6以前』での提供となります。
  • HULFT7 Managerについて
    複数拠点・複数プラットフォームのすべての集配信状況や管理情報を一元管理するための関連製品です。
    • 管理対象のHULFT7にHULFT7 Manager接続オプションが必要となります。(NSK、zLinux、Linux、Windowsの本体製品には標準提供されます。)
  • 製品概要、機能、特長は以下のサイトからご確認いただけます。

HULFT Family 製品一覧

HULFT7 グレード詳細について

  • メインフレーム(zOS、MSP、XSP)版、IBM(i5OS)版につきましては、グレード設定はございません。
製品名称 機能
基本機能(ファイル転送関連機能) 多重配信 クラスタ対応機能 HULFT7の複数起動 スケジューラ ファイルトリガ機能·ネットワークファイル対応·リモート生存監視
耐障害性機能 プロセス管理機能(起動同期·生存確認·終了同期)
HULFT7 for UNIX-EX
for zLinux-EX
for Linux-EX
for Windows-EX

HULFT-HUB

HULFT-HUB 商品構成について

  • HULFT-HUB Serverについて
    HULFT-HUBシステムの中核機能を提供するソフトウェアです。各ホストのHULFTの稼動状態を監視し、システム管理情報の一元管理を行います。
  • HULFT-HUB Server Cipher Optionについて
    HULFT-HUB Serverの暗号化/複合化処理を行うためのオプション製品です。
    暗号形式により、「HULFT-HUB Server Cipher Option(AES)」「HULFT-HUB Server Cipher Option(C4S)」の2種類があります。
  • HULFT-HUB Managerについて
    HULFT-HUB Managerは、HULFT-HUB Serverを利用するためのインターフェースを提供する必須ソフトウェアでWindows版のみの提供となります。
  • 製品概要、機能、特長は以下のサイトからご確認いただけます。

HULFT Family 製品一覧

HULFT-HUB 英語対応について

グレード詳細について

製品名称 機能
データ転送の中継・同報 データ蓄積 レプリケーション HULFT集約管理
HULFT-HUB Server for UNIX-ENT Ver.3
for UNIX-L - - -
for Linux-ENT
for Linux-L - - -
for Windows-L - - -

グレード詳細について

▲:別途購入可能 -:未対応

製品名称 機能
データ転送の中継・同報 データ蓄積
HULFT-HUBServer for UNIX-ENT Ver.3
for UNIX-L - -
for Linux-ENT
for Linux-L - -
for Windows-L - -

接続可能なHULFT製品について

HULFT-HUB 動作環境 等

HULFT-HUB 動作環境について

HULFT Family 製品一覧

DataMagic Ver.3

DataMagic Ver.3 商品構成について

  • DataMagic Ver.3について
    DataMagic Ver.3は、マルチプラットフォーム間で必要となるコード変換、データベース連携、入出力ファイル間の様々なデータ変換ニーズに応えるデータ変換ツールです。
    製品形態および標準搭載されている機能に応じて「DataMagic Desktop」と「DataMagic Sever」の2つのグレードがあります。
  • DataMagic DB Connection Optionについて
    DataMagic Ver.3との組合せで各種対応DBからのデータ抽出、追加、更新する機能を提供するオプション製品です。
  • DataMagic Excel Optionについて
    DataMagic Ver.3との組合せでExcelデータのファイル入出力からセル単位のデータ加工、抽出、追加、更新するオプション製品です。
  • DataMagic Manager について
    DataMagic Server Ver.3でデータ加工を行うには、Windows上にDataMagic Managerが必要です。
    標準でDataMagic Managerは5同時接続を許可します。
    6接続以上の同時接続を行う場合はこのDataMagic Manager Unlimited Optionが必要です。
  • DataMagic Manager Unlimited Optionについて
    DataMagic Managerからの同時接続数の制限を解除するオプションです。
  • No Encryption(暗号なし)について
    DataMagic Ver.3では、暗号機能を含まないNo Encryption(暗号なし)製品をご用意しております。

DataMagic Ver.3 英語対応について

DataMagic Ver.3 動作環境について

HULFT Family 製品一覧

DataMagic Ver.3 グレード詳細

DataMagic Desktop

Standalone

インストール先の端末で変換の実行および設定が完結するモデルです。製品を使った変換設定を1名の方が、実施していただきます。

DataMagic Server

Client-Server

変換を実行するServerと、その変換をするための定義作成や変換実行時の履歴を確認するためのClient(DataMagic Manager)を分離したモデルです。
これにより、製品へリモートアクセスが可能になると共に複数の方が製品の設定をしていただくことが可能になります。

  • 標準でManagerは5同時接続を許可します。

○:標準搭載 -:未対応

製品名称 機能 システム形態 マルチスレッド処理 定義レポート クライアントソフト
抽出ソートマッチングマージ振り分け コード変換
DataMagic Desktop for Windows Standalone なし
DataMagic Server for UNIX Client-Server
DataMagic Manager
for zLinux
for Linux
for Windows

DataMagic Ver.3 オプション製品について

▲:別途購入可能 -:未対応

製品名称 オプション製品
接続先 その他
Oracle DB2 SQL Server PostgreSQL Excel ODBC Manager Unlimited Option
DataMagic
Desktop
for Windows - - - - - -
DataMagic Server for UNIX - - -
for zLinux - -
for Linux - -
for Windows

SIGNAlert

SIGNAlert商品構成について

  • SIGNAlert Agentについて 各マシンの業務処理状況を監視し、異常時にSIGNAlert Managerに通知する製品です。
  • SIGNAlert Managerについて
    SIGNAlert Agentがインストールされたマシンや設定登録されているマシンの稼働状況を監視する製品で、Windows版のみのご提供となります。
  • SIGNAlert Manager Web監視オプション
    事前にユーザーが設定したURLに対し、定期的にWebアクセスを行い、その応答時間、通信エラーの有無、コンテンツの内容検証の機能を持たせたオプション製品となります。
    監視対象として標準で10URLを指定することが可能です。
  • SIGNAlert Manager Web監視オプション 追加URL
    SIGNAlert Manager Web監視オプションにて指定できるURLを5つ拡張する製品となります。
  • SIGNAlert Manager SNMP監視オプション(※1) SIGNAlert Manager SNMP監視オプションとは、事前にユーザーが設定したノード(ホスト、ハブ、ルータ等)とSIGNAlert Manager間でSNMPによる通信を行い、ネットワークの通信速度やノードの動作状態(正常/異常)を監視し、その状況をリアルタイムで出力・レポートの機能を持たせたオプション製品となります。
    • ※1
      2010年3月より「SIGNAlert Manager Traffic監視オプション」は「SIGNAlert Manager SNMP監視オプション」に名称が変更となりました。
  • SIGNAlert Manager SNMP監視オプション 追加ノード
    SIGNAlert Manager SNMP監視オプションにて指定できるノードを5つ拡張する製品となります。
  • 製品概要、機能、特長は以下のサイトからご確認いただけます。

HULFT Family 製品一覧

SIGNAlert動作環境について

HULFT Family 製品一覧

SIGNAlert オプション製品について

▲:別途購入可能 -:未対応

製品名称 オプション製品
SIGNAlert MG3 SNMP
監視オプション
SIGNAlert MG3 Web
監視オプション
SIGNAlert Manager Ver.2