九州旅客鉄道株式会社(JR九州)様

業種・業態
その他
導入製品
HULFT-HUB

SUGOCA関連システムと既存システムをつなぐデータ連携基盤の中核にHULFT-HUBを導入

USER PROFILE

企業名:
九州旅客鉄道株式会社(JR九州)
事業概要:
九州地域の旅客鉄道事業、駅ビル開発やホテル、マンション事業、流通・外食事業など

JR九州
総合企画本部
IT推進室 室長

大石 和弘 氏

JR九州
総合企画本部
IT推進室 主査

桑野 幸久 氏

課題

  • サービスの拡大に伴い、新システムと既存システムとのデータ連携が必要になった
  • システムによりデータ連携のツールが異なっていたため、運用管理が煩雑化していた
  • 相手先の稼動状況によってはデータを送れないことがあり、運用時間を合わせるのが大変だった

解決のポイント

JR九州は内部統制対策を目的にシステムの「標準化」を推進。その一環としてデータ連携の標準化ツールにHULFT及びHULFT-HUBを採用し、多様なシステムをつなぐデータ連携基盤を構築した。これにより、運用管理手法が統一化され、転送状況の確認など管理効率が向上した。また複数のHULFTを統合管理する仕組みも整備され、システム間の連携度が向上。送信先の稼動状況を意識することなく、確実なデータ転送が可能になり、システムの安定運用を実現している。

データ連携基盤を中心としたICカード(SUGOCA)関連システムのデータ連携イメージ
HULFT-HUBによるデータ連携基盤を中核として、各種システムがHULFTを介してつながっている。データ連携基盤があることで、システム間の接続構成が簡素化され、HULFTの一元管理も可能になった。

製品情報をご覧ください

システムの稼働状況を意識しないデータ連携の自動化と運用の一元化を同時に図りたい

解決策はこちら「HULFTデータ連携の管理・運用ミドルウェア HULFT-HUB」

導入事例一覧に戻る

その他の導入事例

一覧を見る