つながる価値、ひろがる未来。 ファイル転送、データ連携ならHULFT

成田国際空港株式会社様

業種・業態
運輸・倉庫
導入製品
HULFT

高い安定性と利便性の高い容易な運用性を評価し、成田国際空港の管理業務システムにHULFTを導入

USER PROFILE

企業名:
成田国際空港株式会社
事業概要:
成田国際空港の設備・航空保安施設の設置および管理など

成田国際空港株式会社
業務推進部門
IT推進室 室長

井上 猛 氏

成田国際空港株式会社
業務推進部門
IT推進室
情報運用グループ マネージャー

平山 康弘 氏

課題

  • 民営化に伴い、システムのオープン化を推進。多様なシステム間の連携機能が必要になった
  • メインフレームとオープン系サーバー間をつなぐシームレスなデータ連携の仕組みを求めていた
  • 空港の管理業務には高い安定性が必要。導入に伴うリスクは最小限にとどめたい

解決のポイント

成田国際空港株式会社(以下、NAA)は2004年4月の民営化に伴い、システムのオープン化を推進。その過程で多様化したシステム間の連携ツールとしてHULFTを導入した。これにより、システム間のファイル転送だけでなく、メインフレームとオープン系サーバー間のコード変換も自動化。下位互換があるため、システム更新に伴う導入リスクも最小化できるという。NAAのシステム間連携に欠かせないHULFTは、その高い安定性と容易な運用性で、進化を続ける成田国際空港の管理業務の一翼を担っている。

運航情報に基づいた請求業務の処理フロー
航空当局からの情報をもとに多様なシステムが連携し、着陸料、停留料、保安料などを算出。各航空会社へ請求を行っている。その中でHULFTはNAAのシステム間連携機能として、安全・確実なファイル転送処理を実現している。

製品情報をご覧ください

基幹系システムを含めたマルチプラットフォームでのファイル転送を行いたい

解決策はこちら「TCP/IP 企業内・企業間通信ミドルウェア HULFT8」

導入事例一覧に戻る

その他の導入事例

一覧を見る