つながる価値、ひろがる未来。 ファイル転送、データ連携ならHULFT

太陽生命保険株式会社様

業種・業態
保険
導入製品
HULFT / HULFT-HUB


全国約150の支社と本社間の業務データ連携を支えるファイル転送基盤をHULFTおよびHULFT-HUBで刷新 先進的な保険サービスを支える戦略的なIT活用が加速

USER PROFILE

企業名:
太陽生命保険株式会社
事業概要:
「保険組曲Best」、「ひまわり認知症治療保険」、「かけつけ隊サービス」などを提供する。

太陽生命保険株式会社
IT企画部 課長

池田 睦 氏

T&D情報システム株式会社
テクニカルサポート一部

藤田 雄次 氏

課題

  • 本社と約150の支社をつなぐファイル転送基盤を自社構築したが、転送容量に制限があり、大容量のファイルは分割して複数回に分けて送らなければならない。
  • 異体字を使う顧客の氏名は、システム間連携の際に文字コード変換が必要。従来のルールを変えずに多様な文字コード変換を行える仕組みが求められる。
  • 受信したデータを基幹業務システムに落とし込む後続処理のエラー検知が困難で、人的に対応しなければならない。OSのバージョンアップなどに伴う修正やテストの手間も大きな負担だ。

解決のポイント

太陽生命保険は全国約150の支社と本社をつなぐファイル転送基盤をHULFTおよびHULFT-HUBで再構築した。新たなファイル転送基盤は容量制限がなく、分割送信の手間が不要。多様な文字コード変換に対応しており、従来のルールを変えずに顧客氏名の異体字をスムーズに変換できる。またHULFTおよびHULFT-HUBの標準機能を活用することで、送達確認や後続処理のエラー検知も自動で行えるようになった。エラー対応のために専任担当者を配置する必要がなく、ファイル転送作業の大幅な効率化・省力化につながっている。新たな支店の追加も容易かつ短期間で行えるようになり、ファイル転送基盤の柔軟性・拡張性も大きく高まった。

ファイル転送基盤におけるHULFTとHULFT-HUBの活用イメージ
従来はメッセージング・ミドルウェアをベースに独自に作り込みを行ったシステム。転送容量に制限があり、後続処理のエラー検出も困難だった。今は転送容量の制限がなくなり、送達確認や後続処理のエラー検出も自動かつ一元的に行える。

製品情報をご覧ください

Webベースの仕組みでファイル転送を行いたい

導入事例一覧に戻る

その他の導入事例

一覧を見る