HULFT技術者資格認定

ファイル転送シェアNo.1 デファクトツールの認定資格

HULFT技術者資格取得のメリット

高い信頼

HULFT Series製品の技術者として高い信頼とステータスを得ることができます。

技術力アピール

組織内や業界内で自分自身の技術力をアピールすることができます。

製品知識向上

認定試験に向けた学習により、製品知識が高まります。

資格の詳細・受験申し込みはこちら

受験はプロメトリック株式会社のホームページより、予約申し込みを行ってください。

HULFT技術者資格認定制度とは・・・

  • HULFT8に関する共通的な知識および技術力を認定します。

ファイル転送シェアNo.1デファクトツールの認定資格

受験をご検討中の皆様へ

どんな人が受験できるの?

  • HULFTを使用したシステムの構築を行う技術者
  • HULFTを使用したシステムを運用される技術者

認定資格の種類

認定資格試験は「HULFT Basic Engineer(HBE)」と「HULFT Advanced Engineer(HAE)」の2種類があります。
お客様のレベルにあった資格をお選びいただけます。

資格区分 資格名称 概要
基本資格 HULFT Basic Engineer(HBE) HULFTとして押さえるべき共通基礎知識認定(Windows版をベースにした認定資格)
上位資格 HULFT Advanced Engineer(HAE) HULFTの構築、運用の設計ができる知識の認定
試験概要
Basic(基本資格) Advanced(上位資格)
対象者
  • HULFTの導入設計、構築業務 1年程度
  • HULFTを使用したシステム運用業務 1年程度
  • 幅広いプラットフォーム環境において、HULFTの導入設計、構築業務 3年以上
  • 幅広いプラットフォーム環境において、HULFTを使用したシステム運用業務 3年以上
試験範囲 HULFT8 for Windows
※ただし、HULFT6、HULFT7との互換性については対象とする。
HULFT8全機種
※ただし、HULFT6、HULFT7との互換性については対象とする。
シラバス - HULFT Advanced Engineer シラバス<要件定義・設計編>
プラットフォーム Windows Mainframe, IBMi, UNIX/Linux, Windows
想定保有スキル(試験観点) HULFTの機能や導入に関する基本知識 HULFTの運用、構築に関する知識
試験問題 60問 55問
解答時間 70分

試験にあたって教育支援はあるの?

資格取得に有効な研修サービスや無償セミナーをご用意しております。

  • HULFT技術者認定資格試験 対策研修 (有償)
  • HULFT入門コース(有償)
  • SE必見!効果的なHULFT活用講座(無償)
  • 0から作成!ファイル転送の仕組み構築ハンズオンセミナー(無償)

詳しくは、こちらをご参照ください

  • HULFTコミュニティ 「 HULFT OrangeLab. 」

HULFT技術者資格認定対策講座が始まりました!

Web形式ですので、いつでもどこでも学習が可能です。
受講には、「HULFT OrangeLab.」への会員登録が必要になります。

詳しくは、こちらをご参照ください

合格発表

HULFT Basic Engineer

合格発表は試験完了後、即時行われます。(モニタに表示されます。)

HULFT Advanced Engineer

2017年2月28日~2017年8月31日の期間中に受験いただいた方には、2017年8月1日以降順次、郵送にて合否をご連絡いたします。

  • HULFT Basic Engineer資格と異なる点にご注意ください。
  • 受験および合否判定に関するお問い合わせは下記お問合せ先へご連絡ください。

受験申し込み

PROMETRIC

受験はプロメトリック株式会社のホームページより、予約申し込みを行ってください。

受験申込みはこちら

お問い合わせ

HULFT技術者資格認定試験を受験いただいた方へ

試験に合格された方へは合格認定証をお送り致します。
合格認定証には、受験日および発行日(受験日の翌月1日付け)を記載しています。発送日の目安は、受験日翌月初より5営業日となります。予めご了承ください。

例)2016年10月12日に受験・合格した場合、2016年11月8日までに発送します。