つながる価値、ひろがる未来。 ファイル転送、データ連携ならHULFT

プロダクトライフサイクル

DataSpider Servista プロダクトライフサイクル

製品バージョンの定義

DataSpiderのバージョン番号の表記は以下のルールに従って定められています。弊社製品のバージョンは、「バージョン(Version)」番号、「レベル(Level)」番号、「リビジョン(Revision)」番号、「マイナーリビジョン(Minor-Revision)」記号で管理されます。

種別 表記 説明
メジャーバージョン 1.x.x.x (一桁目)

メジャーバージョンは、製品コンセプトの変更、大幅な製品機能の拡張を行うための更新です。大規模な機能改善、機能追加※1を実施いたします。仕様変更※2および製品構成、価格等の変更を伴う場合があります。

マイナーバージョン 1.1.x.x (二桁目)

マイナーバージョンは、製品機能を拡張するための更新です。主に機能改善や機能追加※1を実施いたします。これにより、仕様変更※2および製品構成の変更を伴う場合があります。

サービスパック 1.1.SP.x (三桁目)

サービスパックは、障害※3の修正を行うための更新です。仕様変更を伴わない小規模な改良※4も実施いたします。

パッチリリース 1.1.SP.1 (四桁目)

パッチリリースは、主に緊急度の高い重大な障害を修正いたします。緊急度の高い重大な障害とは、以下のような場合です。

  • 影響範囲の大きい障害(多くのユーザの運用に影響する)
  • 回避策がない障害
モジュール修正がなく、製品構成上の理由で既存バージョンと判別するために実施する場合があります。

製品販売及びサポートにおけるライフサイクル

項目 説明
製品販売ライフサイクル アシスタンスサポート、マイグレーションサポートに位置づけられたバージョンは、販売終了となります。(最新バージョンの製品リリース後、最低半年間は1世代前のバージョン製品の販売を継続いたします。
技術サポートサービスライフサイクル

販売およびサポート終了後の対応

販売終了後は、製品に対する新機能の追加や新規不具合に対するパッチは提供いたしません。サポート契約をお持ちのお客様はサポート終了日まで引き続き該当するサポートレベルのサービス内容をご利用いただけます。サポート終了日以降も、サービス内容のうち、Web による情報の提供(技術情報の検索、既存のパッチのダウンロードサービス)を引き続きご利用いただくことが可能です。お問い合わせについては、回答は過去事例 からのご案内のみとさせていただきます。

アダプタ接続先の販売およびサポート終了後の対応について

アダプタ接続先の販売およびサポート終了後も、サポート契約をお持ちのお客様は、該当するサポートレベルのサービス内容のうち、Web による情報の提供(技術情報の検索、既存のパッチのダウンロードサービス)を引き続きご利用いただくことが可能です。お問い合わせも承ります。ただし、回答は過去事例からのご案内のみとさせていただきます。

  • ※1
    機能改善・機能追加
    現状備わっている機能を拡張したり、備わっていない新しい機能を追加することを指します。機能改善や機能追加により、仕様変更※2が発生することがあります。
  • ※2
    仕様変更
    弊社製品のマニュアルに記載されている内容(機能や動作、設定項目等)が変更になることを指します。ユーザインタフェースや運用操作性に影響を及ぼすことがあります。原則、仕様変更を伴う更新は、機能改善や機能追加を実施するバージョンアップやレベルアップのみです。しかし、重大な障害修正のためにやむを得ない場合には、リビジョンアップやマイナーリビジョンアップで仕様変更を実施する場合もあります(仕様自体の不具合)。そのような際には、事前にお知らせいたします。
  • ※3
    障害
    弊社製品のマニュアルに記載されている内容どおりに動作しないことを指します。
  • ※4
    改良
    仕様変更を伴わず、お客様の運用に影響を及ぼさない(非互換※5のない)改善を指します。OS拡張のための修正等も含まれます。
  • ※5
    非互換
    仕様変更により、製品の動作が変更になることを指します。非互換が発生する場合は、製品ごとに説明書等で事前にお知らせいたします。

DataSpider Servista 販売およびサポート終了情報

各製品の販売終了及びサポート終了はこちら

DataSpider Servista 販売終了日/技術サポート終了日 一覧