つながる価値、ひろがる未来。 ファイル転送、データ連携ならHULFT

株式会社セゾン情報システムズ

PRESS RELEASE
報道関係者各位

2017年01月27日

富士通インドネシアとHULFT導入パートナー契約を締結
インドネシアでのHULFTシリーズの販売、導入支援体制を強化

株式会社セゾン情報システムズ(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:内田 和弘、以下、セゾン情報システムズ)のシンガポール現地法人「HULFT Pte. Ltd.」は、世界売上シェア第4位(※1)、国内シェアNo.1(※2)のファイル転送ミドルウェア「HULFT(ハルフト)」を始めとするHULFTシリーズ製品のインドネシア地域の導入パートナーとして「PT. Fujitsu Indonesia(本社:インドネシア、ジャカルタ、President Director:Achmad Sunuadji Sofwan, 以下、富士通インドネシア)」と「HULFT導入パートナー契約」(※3)を締結したことを発表します。

HULFT導入パートナー契約締結の背景

昨今、ASEAN地域の経済成長は目覚ましく、なかでもインドネシアは、生産拠点や販売拠点として製造業を中心とした日本企業の進出が拡大しています。それに伴い、会計システムや生産管理システムが異なる現地拠点と日本の本社間や、現地企業との合弁で設立した会社間で、それらのデータを連携したいというニーズが高まっています。また、日本と比較して脆弱な現地のネットワーク回線に起因するデータ欠損や大容量データの転送等の対応策も必要とされています。加えて、インドネシアで既にHULFTをご利用いただいいているユーザー企業様からサポート強化を求める声も寄せられており、これらのお客様ニーズにお応えするためには、迅速にHULFTの導入、展開ができるパートナーが必要と考え、日本企業様からの評価が高く、活動実績も豊富な富士通インドネシアと契約を進めました。

今後の展開について

本締結により、HULFT Pte. Ltd. と富士通インドネシアは、インドネシアでのファイル転送、データ連携、データ変換分野での新たなビジネス機会の創出と事業拡大を図り、HULFTシリーズ製品の販売・導入・サポートを展開します。HULFT Pte. Ltd. は、富士通インドネシアに対して「HULFT Implementation Partner (HIP)」プログラムに基づき、HULFTシリーズ製品に関する技術支援やトレーニング、二次サポート、販売促進支援などを行い、富士通インドネシアの事業展開を強力にサポートしてまいります。

写真説明:左から
  • Wana Sedayu, JOC Presale Team Leader of PT. Fujitsu Indonesia
  • 川田 博達様, JOC Sales Country Head of PT. Fujitsu Indonesia
  • 株式会社セゾン情報システムズ 代表取締役社長 内田 和弘
  • HULFT Pte. Ltd. Managing Director 櫻井 泰子
商標関連
  • 「HULFT」その他「HULFT」関連製品は、セゾン情報システムズの登録商標です。
  • その他の会社名、製品名、サービス名等は、各社の登録商標または商標です。
出展・注釈
  • ※1
    Source: IDC, Nov 2015, “Worldwide Managed File Transfer Software Market Shares, 2014: Year of Steady Growth” (#259975)
  • ※2
    Source: IDC, Nov 2015, “Worldwide Managed File Transfer Software Market Shares, 2014: Year of Steady Growth” (#259975)
  • ※3
    HULFTシリーズ製品のグローバルパートナープログラムである「HULFT Partner Program(HPP)」におけるHULFTシリーズ製品の導入サービスに特化した認定パートナー制度。

※4. 2016年9月末現在

「HULFT(ハルフト)」について

HULFT8 製品詳細

「HULFT」は1993年の発売以来、対応プラットフォームを拡張しながら業務システムのファイル転送に必要な機能を実装し続け、業種・業界を問わず、全世界で43ヵ国、8,600社、185,800本※4)のお客様にご利用いただいているファイル転送ミドルウェアです。集配信機能、集配信管理機能に加え、セキュリティ、ファイル転送前後の連携機能など、ファイル転送周辺に必要な機能を提供しております。

※4. 2016年9月末現在

「富士通インドネシア(PT. Fujitsu Indonesia)」について

「富士通インドネシア」は、1995年インドネシアの首都ジャカルタに、富士通と現地ICTベンダーであるPT.ASKOMINDO DINAMIKAとの合弁会社として設立しました。インドネシアを代表する日系ITソリューションベンダーとして、日系企業様だけでなく地場企業様、政府系機関向けにIT企画、コンサルタント、導入、運用まで幅広いサポートをご提供しております。

会社名
PT. Fujitsu Indonesia(略称:FID)
本社
Wisma Keiai 10th Floor JI.Jend.Sudirman Kav.3-4,Jakarta,10220,INDONESI
設立
1995年1月
代表者
Achmad Sunuadji Sofwan (President Director)

富士通インドネシア(PT. Fujitsu Indonesia)新規ウィンドウで開きます

株式会社セゾン情報システムズについて
本社
〒170-6021 東京都豊島区東池袋3-1-1サンシャイン60 21F
設立
1970年9月1日
代表者
内田 和弘(代表取締役社長)
資本金
1,367,687,500円
事業内容
カードシステム事業、流通・ITソリューション事業、HULFT事業
証券コード
9640(東京証券取引所JASDAQスタンダード市場)

株式会社セゾン情報システムズ新規ウィンドウで開きます

HULFTに関する報道関係者様からのお問合せ先

株式会社セゾン情報システムズ
広報担当:豊田・湯村

お電話でのお問合せ

03-3988-3477

インターネット/メールでのお問い合わせ

E-Mail: kikaku@saison.co.jp

HULFT製品に関するお問合せ先

株式会社セゾン情報システムズ
HULFT事業部マーケティング部:高山

お電話でのお問合せ

03-3988-5301

インターネット/メールでのお問い合わせ

E-Mail: info@hulft.com