つながる価値、ひろがる未来。 ファイル転送、データ連携ならHULFT

株式会社アグレックス様

業種・業態
情報・通信
導入製品
HULFT-HUB

データ伝送の中継拠点にHULFT-HUBを採用。セキュアかつ簡素化されたデータ連携基盤を強みに、BPO事業のさらなる拡大を目指す

USER PROFILE

企業名:
株式会社アグレックス
事業概要:
顧客企業の業務プロセスを一括受託するBPO、 ソフトウェアソリューション・システムインテグレーションを柱に事業展開。

株式会社アグレックス
基盤技術部 次長

大川原 直一 氏

株式会社アグレックス
基盤技術部 マネジャー

堀 健一 氏

課題

  • 顧客企業様から預かるデータは個人情報も含まれており、各事業拠点とのデータ伝送関連のセキュリティレベルをより一層向上させる必要があった。
  • BPOサービスは請け負う業務分野によって対応する事業拠点が分かれており、顧客企業様が複数の異なる業務をアウトソースする場合、データ伝送ルートが複雑化し管理も煩雑化していた。
  • 業務によってはデータをメディアでやりとりしており、トラブル時の迅速な対応が困難だった。

解決のポイント

アグレックスは、主力事業の一つであるBPOサービスの顧客企業様とのデータ転送基盤にHULFT-HUBを採用。顧客企業様は、たとえ複数業務をアウトソースする場合でもHULFTを利用して、中継拠点にあるHULFT-HUBにつなぐだけで、データ伝送ルートの集約が実現できるようになった。その結果、顧客企業様のシステムとアグレックスの事業拠点を直接ネットワークでつなぐ必要がなくなり、セキュリティレベルが大幅に向上。トラブルや修正依頼があった場合でも、迅速な対応が可能になった。さらに、他の企業様からの依頼についてもHULFTをご利用いただき、中継拠点に繋ぐだけで対応できるので、BPO事業のさらなる成長が期待できる仕組みが実現された。

図 HULFT-HUBによるBPOのデータ連携基盤
中継拠点となるデータセンターにHULFT-HUBを導入した。顧客企業はHULFTを介して中継拠点のHULFT-HUBにつなぐだけで、アウトソース業務に対応したBPO関連データが各事業拠点に自動で振り分けられる。HULFT-HUBによりデータ受け入れ窓口が一本化され、ネットワーク分離により、セキュリティも向上した。

製品情報をご覧ください

システムの稼働状況を意識しないデータ連携の自動化と運用の一元化を同時に図りたい

解決策はこちら「HULFTデータ連携の管理・運用ミドルウェア HULFT-HUB」

導入事例一覧に戻る

その他の導入事例

一覧を見る