通信エラーコード一覧

<HULFTが設定するエラーコード>

完了コード

16進数

エラーメッセージ

0538

021A

サービス受付時、ホスト情報なし

0539

021B

サービス受付時、実行権限なし

0701

02BD

ファイルアクセスエラー

2011

07DB

HOST名が見つからないかまたは応用アプリ名が見つからない。

8210

2012

ソケットのリードタイムアウトが検出された。

8211

2013

マクロ展開でエラーが発生。すでにエリアが開放されている可能性があります。

8212

2014

相手ホストより切断されました。

8213

2015

TCPIPが停止状態です。

8214

2016

接続先製品との接続にて、バージョン不整合が発生しました。

9999

270F

サービス要求でキャンセル電文を受け取った。

<TCP/IPが設定するエラーコード>

完了コード

16進数

エラーメッセージ

0009

0009

s パラメータの値が有効なsocket descriptorのものではない。

d パラメータの値が有効なsocket descriptorのものではない。

ビットセットの1つが無効なソケットに設定された。

パラメータがほかのアプリケーションによって使用されている有効なsocket descriptorに設定されていない。

0010

000A

子がない。

0011

000B

プロセスがない。

0012

000C

十分なストレージがない。

0013

000D

ほかのアプリケーションがこのアプリケーションにソケットを渡さなかった。

0014

000E

呼び出し側の書きこみ不可のアドレス空間にアドレスをコピーしようとした。

呼び出し側のアドレス空間の外にあるmemory storageをアクセスしようとした。

0015

000F

ブロック・デバイスが要求された。

0016

0010

Listen()がソケットsのために呼ばれていなかった。

0017

0011

データセットが存在する。

0018

0012

デバイス間でリンクしている。

0019

0013

デバイスがない。

0020

0014

ディレクトリがない。

0021

0015

ディレクトリです。

0022

0016

Listen()がソケットsのために呼ばれていなかった。

指定したソケットはすでにアドレスに割り当てられている。

namelenパラメータが有効な長さを指定していない。

clientidパラメータが有効なclientの値に設定されていない。

timeval構造体のフィールドの1つが無効である。

0023

0017

データセットテーブルのオーバーフロー。

0024

0018

socket descriptor tableがすでに一杯である。

0025

0019

不適切なデバイス・コールである。

0026

001A

テキスト・データは使用中である。

0027

001B

ファイルが大きすぎる。

0028

001C

デバイスにスペースがない。

0029

001D

シークが無効である。

0030

001E

読取り専用データセット・システムである。

0031

001F

リンクが多すぎる。

0032

0020

接続が中断されている。ソケットのwrite/send の場合は、ピアの一方向または両方向がシャットダウンした。

0033

0021

アーギュメントが大きすぎる。

0034

0022

結果が大きすぎる。

0035

0023

ソケットsがnonblocking modeであり、コネクションがQUEUEに入っていない。

ソケットsがnonblocking modeであり、読み込むデータが有効でない。

0036

0024

ソケットsがnonblocking modeであり、コネクションを直ちに終了することができない。

0037

0025

ソケットsがnonblocking modeであり、前のコネクション要求が終了していない。

0038

0026

非ソケット接続でのソケット操作。

0039

0027

宛先アドレスが必要。

0040

0028

メッセージが長すぎる。

0041

0029

プロトコルのタイプがソケットに合っていない。

0042

002A

プロトコルが使用不能である。

0043

002B

このドメインまたはソケット・タイプにおいて、プロトコルがサポートされていない。

0044

002C

ソケット・タイプがサポートされていない。

0045

002D

sパラメータがSOCK_STREAMでない。

ソケット・タイプがSOCK_STREAMでない。

sパラメータがlisten()をサポートするソケットディスクリプタでない。

0046

002E

clientidパラメータのドメイン・フィールドがAF_INETでない。

0047

002F

アドレス・ファミリーがサポートしていないものである。

0048

0030

アドレスがすでに使用されている。

0049

0031

設定された相手先が見つからない。

0050

0032

ネットワークがダウンしている。

0051

0033

ネットワークに到達することができない。

0052

0034

リセットでネットワークが接続を除去した。

0053

0035

ソフトウェアにより接続異常終了が発生した。

0054

0036

相手先により接続がリセットされた。

0055

0037

新しいソケットを生成するために使用できるバッファの大きさが十分でない。

TCPIPアドレス空間のSCBまたはSKCBの不足のため、オペレーションを実行することができない。

メッセージを送るためのバッファが使用できない。

0056

0038

ソケットsはすでにコネクトしている。

0057

0039

ソケットがコネクトしていない。

0058

003A

ソケット・シャットダウン後には送信できない。

0059

003B

参照が多すぎて、接合できない。

0060

003C

コネクションが確立される前にタイムアウトとなった。

0061

003D

コネクト要求が相手ホストに拒絶された。

0062

003E

記号ループのレベルが多すぎる。

0063

003F

ファイル名が長すぎる。

0064

0040

ホストがダウンしている。

0065

0041

ホストへのルートがない。

0066

0042

ディレクトリが空ではない。

0067

0043

システムにあるプロセスが多すぎる。

0068

0044

ユーザが多すぎる。

0069

0045

ディスクの容量を超えている。

0070

0046

NFSデータセット・ハンドルが失効した。

0071

0047

パスにあるリモートのレベルが多すぎる。

0072

0048

デバイスがストリームでない。

0073

0049

タイマーが満了した。

0074

004A

ストリーム資源が不足している。

0075

004B

希望するタイプのメッセージがない。

0076

004C

読み取り不能メッセージを読み取ろうとしている。

0077

004D

識別子が除去された。

0078

004E

デッドロックが発生。

0079

004F

利用可能なレコード・ロックがない。

0080

0050

マシンがネットワークにない。

0081

0051

オブジェクトはリモートである。

0082

0052

リンクが切断された。

0083

0053

Advertiseエラー。

0084

0054

Srmountエラー。

0085

0055

送信時に通信エラーが発生した。

0086

0056

プロトコル・エラー。

0087

0057

Multihopが試みられた。

0088

0058

マウント間ポイントが検出された。

0089

0059

リモート・アドレスが変更された。

0090

005A

相手先により接続が閉じられた。

0113

0071

ソケット番号はすでに使われている。

0121

0079

指定された引数が正しくない。

0145

0091

引数のリストが長すぎる。

0156

009C

通信を開始しようとしたがRACFの権限がない。

1011

03F3

TCPIPのアドレススペース名が間違っている。

上記以外

上記以外

「IPアプリケーション・プログラム・インターフェースの手引き」のTCP/IPから戻されるエラーコード参照