はじめに

このたびは、本製品をご利用いただき、誠にありがとうございます。

ここでは、本製品のマニュアルについて、以下の順で説明しています。本製品のマニュアルをご利用になる場合は、最初にお読みください。

本製品のマニュアルについて

本製品には、以下のマニュアルとヘルプがあります。

目的に応じてお読みください。

HULFT Script マニュアル(本書)

HULFT Scriptの概要、機能、特徴、インストール手順、アンインストール手順、および操作方法について説明しています。

HULFT Scriptを初めて利用する方、およびHULFT Scriptの導入と運用を担当する方を対象にしています。

HULFT Script ヘルプ

HULFT Scriptの概要、操作方法を詳細に説明しています。

HULFT Scriptの運用を担当する方を対象にしています。

HULFT Script 運用監視ガイド

HULFT Scriptを運用監視する場合に必要な、システム構築、監視例、および検知例について説明しています。

HULFT Scriptの運用を担当する方を対象にしています。

HULFT Script クラスタ構成ガイド

HULFT Scriptをクラスタ構成に設定する場合に必要な、クラスタ構成、ノード間の同期方法、およびアクティブ状態の監視方法について説明しています。

HULFT Scriptの導入を担当する方を対象にしています。

本書の構成と使い方について

本書の読者と前提知識

本書は、以下の方を対象に説明しています。

  • HULFTおよびHULFT Scriptを利用したシステムの構築を担当する方

  • HULFTシステムの運用管理を担当する方

本書は、ご使用になる以下のいずれかのオペレーションシステム(OS)において、システム管理および基本的な操作に関する知識がある方を前提に説明しています。

  • UNIX

  • Linux

  • zLinux

  • Windows

本書の構成

以下に示す章で構成されています。

「HULFT Scriptとは」

HULFT Scriptの概要、機能、特徴、およびシステム構成について説明しています。

「インストール」

HULFT Scriptのインストール手順、およびアンインストール手順について説明しています。

「スクリプト作成の流れ」

スクリプトを作成するにあたっての基礎知識、HULFT Script Serverの起動と停止、HULFT Script Studioの起動と終了、および HULFT Scriptの実行ログの参照方法について説明しています。

「HULFT Script for UNIX/Linuxの操作方法」

HULFT Script for UNIX/Linux上で動作するHULFT Script Serverの起動と停止、HULFT Script Studioの起動と終了、テンプレートの使い方、およびHULFT Scriptの実行ログの参照方法について説明しています。

「HULFT Script for Windowsの操作方法」

HULFT Script for Windows上で動作するHULFT Script Serverの起動と停止、HULFT Script Studioの起動と終了、テンプレートの使い方、およびHULFT Scriptの実行ログの参照方法について説明しています。

「テンプレート」

テンプレートの入手先、概要、取り込み方法、および適用例について説明しています。

「トラブルシューティング」

HULFT Scriptの運用中に発生するトラブル、原因、および対処方法について説明しています。

「付録 HULFT ScriptからDataSpider Servistaへの移行」

HULFT ScriptからDataSpider Servistaへ運用を移行する手順について説明しています。

「付録 リポジトリDBの準備」

リポジトリDBの設定、構築、使用有無での動作の違いおよびデータベースごとの準備について説明しています。

本書で使用している画面について

本書の画面は、実際の画面と一部異なる場合があります。

本書に掲載するWindowsの画面は、特に指定がない限りWindows 7の画面を使用しています。

Microsoft Corporationのガイドラインに従って画面写真を使用しています。

用語の定義

以下に、本文中で使用する用語について説明します。

HULFT for UNIX/Linux

本書では、以下を総称して「HULFT for UNIX/Linux」と表記しています。

HULFT8 for UNIX-Enterprise

HULFT8 for UNIX-Standard

HULFT8 for Linux-Enterprise

HULFT8 for Linux-Standard

HULFT8 for zLinux-Enterprise

HULFT8 for zLinux-Standard

HULFT for Windows

本書では、以下を総称して「HULFT for Windows」と表記しています。

HULFT8 for Windows-Server

HULFT8 for Windows-Client

HULFT

本書では、HULFT for UNIX/Linux、およびHULFT for Windowsを総称して「HULFT」と表記しています。

HULFT Script

本書では、以下を総称して「HULFT Script」と表記しています。

HULFT8 Script Option for UNIX

HULFT8 Script Option for Linux

HULFT8 Script Option for zLinux

HULFT8 Script Option for Windows

HULFT Script for UNIX/Linux

本書では、以下を総称して「HULFT Script for UNIX/Linux」と表記しています。

HULFT8 Script Option for UNIX

HULFT8 Script Option for Linux

HULFT8 Script Option for zLinux

HULFT Script for Windows

本書では、HULFT8 Script Option for Windowsを「HULFT Script for Windows」と表記しています。

$HULFTSCRIPT_HOME

本書では、HULFT Scriptをインストールしたパスの初期値を「$HULFTSCRPT_HOME」と表記しています。

  • HULFT Script for UNIX/Linuxをインストールしたパスの初期値

    <ユーザのホームディレクトリ>/HULFT8Script

  • HULFT Script for Windowsをインストールしたパスの初期値

    C:\HULFT Family\Hulft8 Script

$DATASPIDER_HOME

本書では、DataSpider Servistaをインストールしたパスの初期値を「$DATASPIDER_HOME」と表記しています。

  • DataSpider ServistaをUNIX/Linuxにインストールした場合のパスの初期値

    <ユーザのホームディレクトリ>/DataSpiderServista

  • DataSpider ServistaをWindowsにインストールした場合のパスの初期値

    C:\Program Files\DataSpiderServista