<HULFT Script 技術コラム3>HULFT複数ファイル転送なら、HULFT Script!

HULFT Scriptコラム一覧

HULFT Script 技術コラム Vol.3

テンプレートでここまで出来るタイムコントロール術

解説

  • 制限時間と起動処理中断
  • 業務時間帯判定
  • (※)
    HULFT ScriptはHULFTのオプション製品です。これまでバッチやシェルスクリプトで作成していたファイル転送の前後処理をGUIで簡単に作成することができるソフトウェアです。

制限時間と起動処理中断

内容確認―HSログの出力
設定変更―外部処理起動
指定のコマンドを実行する
HULFTの配信要求/送信要求を実行する
作成した別のスクリプトを実行する
設定変更―例外処理の追加
設定変更―スクリプト変数の設定
実行―正常終了と例外発生

業務時間帯判定

処理の流れ
  • 判定処理1:休日かの判定を行います
  • 判定処理2:業務時間内かの判定を行います
事前準備
  • 配置元:[インストーラドライブ]\template\jpn
  • 配置先:[HULFT Scriptインストールディレクトリ]\server\home\
実行

最後に

  • 評価版は無償で60日間ご利用いただけます。
  • 評価版のお申し込み後、90日間の技術サポートを無償でご利用いただけます。

HULFT Script 評価版ダウンロードはこちら

  • HULFT-ScriptはHULFT8のオプション製品のため、(HULFT ScriptOptionを含む)を選択してください。